ブブゼラよ、世界に響け


南アフリカのダーバンより。温暖化担当の山岸です。COP17も第一週目が終わり土曜日を迎えました。

この日は、国連会議に集った世界のリーダーに向けて、世界各地で温暖化の防止を求めるイベントが開催される「グローバル・デー・オブ・アクション」。

ここダーバンにも、アフリカ各国をはじめ、世界各地から集ったたくさんの人たちが、大通りをパレードしました。

アフリカの人たちは、楽しむことの天才のようです。サッカーのワールドカップで有名になったブブゼラを吹き鳴らし、歌い、踊りながら、ダーバンの目抜き通りをお祭り会場へと変えてしまいます。

しばらくすると、多くのグループが同じく「ゼンゼニア」という、ズールー語の歌を歌っているのに気づきました。
この歌は、「私たちが何をしたのでしょうか」と神に対し問いかける歌です。アパルトヘイトに苦しめられていたとき、人々はこの歌で自らを励まし、不条理と闘ったそうです。

そして今この歌は、温暖化を引き起こしていないのに温暖化に苦しめられている、アフリカの声として歌われています。アパルトヘイトを撤廃させたこの歌が、地球温暖化を解決することを願って。

3時間にわたる行進を終えた参加者たちを会議場前で出迎えたのは、COP17議長の南アのマイテ・ナコアナ-マシャバネ国際関係・協力相と、UNFCCのクリスティーナ・フィガレス事務局長でした。

世界中で地球温暖化の防止を願った人々の思いは、この日、2人に伝えられました。2人の尽力で会議が成功すれば、ブブゼラの音は再びダーバンの空に響くでしょう。

会議は第二週、いよいよ閣僚級の会合に入ります。温暖化にさらされる世界の危機に、どう対処するのか。各国首脳たちの決意が、問われることになります。

20111205blog2.jpg

ダーバンにて
「グローバル・デー・オブ・アクション」の
パレード

20111205blog1.jpg

COP17の会議に参加するため各国から
集まった人たちも参加しました。

20111205blog3.jpg

WWFももちろん参加!
スタッフみんなで歩きました。

この記事をシェアする

自然保護室 気候変動・エネルギーグループ所属
山岸 尚之

国連交渉や国内の気候・エネルギー政策でのアドボカシー(提言)活動を担当。

京都議定書が採択されたときに、当地で学生だったことがきっかけでこの分野に関心をもち、大学院を経てWWFに。以来、気候変動(地球温暖化)という地球規模の問題の中で、NGOがどんな役割を果たせるのか、試行錯誤を重ねています。WWFの国際チームの中でやる仕事は、大変ですがやりがいを感じています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP