潜水機材を被災地・志津川の海へ


自然保護室の前川です。東日本大震災から一年が過ぎようとしています。

宮城県の志津川湾では、カキやホタテ、ギンザケの養殖が再開され、来春の出荷を目指して作業が続けられています。

漁港にはカレイやミズダコなども 水揚げされるようになり、少しずつ活気も見られるようになりました。

しかしながら、海の中には、まだ多くのがれきが残っており、依然として撤去作業が行なわれています。

私たちが取り組んでいる「暮らしと自然の復興プロジェクト」の中でも、漁業者の方と復興支援のあり方について検討を重ねる中で、潜水機材が不足している、という問題が浮上してきました。

潜水機材は海の養殖施設のメンテナンスや漁場整備などに必要な物です。こうした機材はまた、漁場の調査にも欠かせません。

地元の戸倉地区の漁業者の皆さんが、将来的にこうした環境を自ら調査できるようになることは、より進んだ「環境に配慮した責任ある養殖業」を、この地域で実施していく上でも、不可欠なステップ。私たちのプロジェクトの大きな目標でもあります。

そこで、漁業者の方々を支援しつつ、漁場の環境測定を行なう体制づくりを進めるために、WWFジャパンでは潜水機材の調達を支援することにしました。

私たちがご協力を呼びかけたのは、ダイビングに関連した3社の企業です。大変嬉しいことに、いずれからもご快諾をいただき、潜水用のマスクやフィン、BCジャケットやレギュレーター、 ドライスーツなど、3名分40点余りを提供いただくことが出来ました。

この装備は近々、宮城県漁協戸倉出張所に届けにゆきます。その折、今後の観測体制などについても、検討を重ねていきたいと思います。

20120221e.jpg

順調に育っているカキ。

20120221f.jpg

漁港に並んだタコ。いろいろな魚介類が水揚げされている。

 

この記事をシェアする

自然保護室 海洋水産グループ所属
前川 聡

ASC認証にかかわるプロジェクトを主に担当しています。

日本各地の漁師町を訪ねては、持続的な養殖や漁業の推進のために関係者の方々と話し合いをしています。道すがら、普段はなかなか見ることができない風景や鳥を見つけては、一人ほくそえんでいます。もちろん、新鮮な魚介とお酒も! 健康診断の数値が気になるAround Fifty

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP