ドイツより。国連気候変動ボン会議も終盤へ


温暖化・エネルギー担当の山岸です。
ドイツ・ボンで開催されている国連気候変動ボン会議も、今日(木曜日)を含めてあと2日となりました。昨日は、NGOと日本政府代表団との2回目の意見交換があり、有意義な議論ができました。

会議では、中心議題を議論する場であるダーバン・プラットフォーム特別作業部会(ADP)において、共同議長から、今後の議論の進め方についての提案が出ています。各国に意見提出を求めたり、事務局に新しく資料となるテクニカル・ペーパーを作成したりすることを求める内容です。今日の午後に総会があり、順当に行けば、それが採択されて次回に引き続き議論がされる予定です。

議論の中身について簡単に紹介すると、ワークストリーム1と呼ばれる2015年合意へ向けての議論では、各国が2020年以降の目標(おそらく、2030年位へ向けての目標)をどれくらいの時期に出すのか、等の論点が各国の間で話題になり始めています。日本国内の議論は、こうした流れと比べるとかなり遅れているので、今後が懸念されるところです。

ワークストリーム2と呼ばれる2020年「まで」の排出量削減努力の底上げに関する議論では、AOSISが提案した「省エネと再生可能エネに焦点を当てて、情報や経験を共有し、底上げをなんとかはかるプロセスを作っていこう」という提案が概ね支持を得ていますが、どうやって具体的な成果に結びつけていくのかが課題です。

明日はこれに続いて、SBSTA(科学および技術的助言に関する補助機関)とSBI(実施に関する補助機関)の総会があり、こちらも順当に行けば、今回の会議は終了です。

私たちNGOが影響をおよぼせる範囲というのは、こうした会議終盤になると減ってくるのですが、それでも、次回を見すえて、NGOのメンバーは今日も国や地域の代表団との非公式な意見交換等をしています。私も、今日もそうした会合の1つを行う予定です。

この記事をシェアする

自然保護室 気候変動・エネルギーグループ所属
山岸 尚之

国連交渉や国内の気候・エネルギー政策でのアドボカシー(提言)活動を担当。

京都議定書が採択されたときに、当地で学生だったことがきっかけでこの分野に関心をもち、大学院を経てWWFに。以来、気候変動(地球温暖化)という地球規模の問題の中で、NGOがどんな役割を果たせるのか、試行錯誤を重ねています。WWFの国際チームの中でやる仕事は、大変ですがやりがいを感じています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP