WWFインドネシアの映像が紹介されます


森林担当の古澤です。
今日17日土曜日の夕方に、BS日テレの国際森林年特別番組「森林に生かされて~乙葉が伝える森と木の魅力~」のなかで、WWFインドネシアの映像がちょっとだけ紹介されます。

放送予定は、全部で3回、

1)9月17日(土)16時~17時
2)9月25日(日)16時~17時(再放送)
3)10月9日(日)26時~27時(再放送)

紹介されるのは、インドネシアのスマトラで起きている森林破壊の現状を捉えた映像です。

番組のテーマは国内の森林です。
私も、ちょうど一週間前に開催された「FSC森林サミットin 山梨」で、森がきちんと管理されている証、FSC(森林管理協議会)の森林認証を取得した、美しい山梨の森を歩いてきたところです。山梨や全国から集まった森林管理や林業に携わる人々の森に対する熱い思いを聞かせていただいてきました!

このインドネシアの映像は、そういった国内での森を守りながら活かしていこうという取り組みと対照に、インドネシアの森で起こっている現状を伝える背景的な情報として、少し紹介されるだけですが、よろしければご覧になってみてください。

 

この記事をシェアする

自然保護室 森林グループ所属 マーケットグループ長
古澤 千明

大学卒業後、民間金融企業での勤務を経てWWFジャパンに入局。2010年より主に東南アジアの森林保全プロジェクトを担当。インドネシアやメコン地域などのWWFオフィスとも連携しながら、森林減少の要因となっている農林産物の生産について、関係企業に生産現場の課題を伝えたり、調達改善のための支援に取り組む。2021年からは、マーケットグループ長も兼任し、森林保全の枠を越えて企業のサステナビリティの向上に努める。

幼いころから自然や生き物への興味はありましたが、WWFとの出会いは偶然でした。自然科学や生物のスペシャリストではない自分だからこそ、得られる理解・賛同もあると信じつつ、そうは言っても日々勉強です。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP