春の田んぼに命の息吹~サシバの里で


こんにちは。法人パートナーシップ担当の小田です。

この週末、サシバの生息する栃木県の里山へ、麻布中高・生物部の皆さんと一緒に、春の生物調査に行ってきました。

まだ肌寒い日でしたが、田植えを待つ里山には、そこかしこで命の息吹が感じられました。スミレや菜の花も満開。

冬眠から目覚めたシマヘビ、ツチガエル、アマガエル、アカハライモリ、ホトケドジョウ、タガメ、タイコウチ、ゲンゴロウ類にも遭遇。

シュレーゲルアオガエルの大合唱の中、畔にはたくさんのオタマジャクシが跳ねていました。

満開の菜の花やスミレ(市貝町)

調査で頼りになるのは、自分の目と知識と勘、そして手で操る網だけ。あとは熱意と根気で、生物部員の皆さんが一日奮闘し、このような希少な生き物たちの生息を確認できました。

実は、日本の田んぼは、世界的に見ても生物多様性の宝庫。一方で、開発や耕作放棄等によって、多くの絶滅の危機に瀕した生き物たちの住処でもあります。

先ほどのタガメ(絶滅危惧II類(VU))もホトケドジョウ(絶滅危惧IB類(EN))もアカハライモリ(準絶滅危惧種(NT))も環境省レッドリストに搭載されている絶滅が心配される種。「えっ、自分が子どもの頃は普通に身近に見られたのに」と驚かれる方も多いと思います。

タガメ(絶滅危惧II類(VU))田んぼ最強の狩人

この日本の人と自然が調和した豊かな風景を守るため、WWFジャパンでは、国内の生物多様性保全プロジェクトも展開中です。

田んぼの生き物たちから、新しい週への原動力を得て、帰宅しました。

仕事に追われている忙しい皆さんも、たまには都会から離れて、身近な里山で体を動かし、生き物のパワーに触れてみませんか。

ホトケドジョウ(絶滅危惧IB類(EN))鷹揚な「ほとけ」顔

関連情報

C&M室 法人パートナーシップ担当
小田 倫子

生物多様性保全や気候変動への取り組みに関する企業との協働プロジェクトの提案、実施業務を担当しています。

仕事の傍ら暇さえあれば磯や森や干潟に出かけて生物観察していた中、一念発起して大学で保全生態学を専攻、縁あってWWFの職員に。趣味は里山散策と水生生物の観察。多忙なビジネスパーソンを自然の中へお連れする機会を常に画策中。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP