Telcelのお兄さんとチアパス


温暖化担当の山岸です。
メキシコのCOP16が無事終了!最終週は忙しすぎて、ブログがほとんど書けなかったのですが、その最中のちょっと感動した話を書かせて頂きます。

国連会議では通常、仲間と連絡を取るための携帯電話を借ります。今回は、Telcelという会社の電話を現地で借り、プリペイドの通話料(クレジット)をチャージしながら使っていました。

会議第2週目のある日、私が会場内にあるTelcelのブースでクレジットを買っていると、受付のお兄さんが、私がスーツに付けていたパンダのバッジを指さして、「君はWWFで働いているのかい?」と聞いて来ました。

こんな場所で聞かれると思わなかったので、ちょっと戸惑いながら「そうですよ」と私が答えると、「WWFは素晴らしい団体だ。私は、チアパスという地方から来たんだけれど、そこに、大事な自然がある。そこを守るのは、すごい」と、たどたどしい英語で一生懸命、WWFのことを誉めてくれました。

そして、「WWFはここにも来ているの?」と聞くので、「たくさんきていますよ。ブースも構えてます」と言うと、「ぜひ行きたい」ととても熱心でした。

正直、チアパスという地名も、その自然のことも何も知らなかった私。あとで調べてみると、確かにその地方はメキシコ有数の生物多様性の宝庫で、WWFも現地の人たちと協力しながら活動しているそう(!)です。

最後には「期待しているよ!」との言葉。会議も後半、疲労がたまりしんどい時期でしたが、思わぬファンに励まされました。

20101213a.jpg

チアパス州でのWWFメキシコのプロジェクト。貧困はじめ、さまざまな問題が原因で起きる自然破壊を防ぐため、地域の有機農業支援などに取り組んできました。

20101213b.jpg

チアパスの森に生息するセジロウーリーオポッサム。メキシコでは少なくなっている、ジャガーなども生息しているらしい!

この記事をシェアする

自然保護室 気候変動・エネルギーグループ所属
山岸 尚之

国連交渉や国内の気候・エネルギー政策でのアドボカシー(提言)活動を担当。

京都議定書が採択されたときに、当地で学生だったことがきっかけでこの分野に関心をもち、大学院を経てWWFに。以来、気候変動(地球温暖化)という地球規模の問題の中で、NGOがどんな役割を果たせるのか、試行錯誤を重ねています。WWFの国際チームの中でやる仕事は、大変ですがやりがいを感じています。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP