パリ協定会議(CMA1)に向けた「気候マーチ」


アフリカのモロッコ、マラケシュのCOP22会場より温暖化担当の山岸です。

今年の国連気候変動会議COP22が、前半の1週目を終え、折り返しに入りました。

日曜日にあたるこの日には、地球温暖化の解決を求める市民たちによる「気候マーチ」(行進)が行なわれました。

このマーチは毎年開催され、主催するのは、その年のCOP開催地の市民たちです。

モロッコ国民の多くはイスラム教徒。女性の参加者も多く見られました

昨年COP21が開催されたパリでは、気候マーチに40万人もの人々が参加すると見込まれていましたが、開幕の2週間前に起きたテロ事件を受けてやむなく中止に。

ですが、日本を含む175か国の2,300都市で同日、70万人の市民が思いを一つにして行進しました。

そして、そこで示された世界の市民の願いは、パリ協定の成立に大きな役割を果たしたのです。

今年COPP22でのマーチを手掛けたのはモロッコの市民団体の人たちで、世界中から集まったCOPの参加者もこれに加わり、思いをつないで目抜き通りを行進します。

WWFのスタッフも、会場を離れ、スーツをTシャツに替え、街頭へとくりだしました

「未来のため、世界の気温上昇を1.5度未満に」
「私たちはクリーンエネルギーを求めている」
「温暖化のないもう一つの未来は実現できる」

会議場では議論される内容が、マーチではプラカードのメッセージに、そして人々の声となって、3キロの道のりを続いていきます。

晴れ渡った明るい陽光の下で、大勢の参加者とともに、そんなマーチを楽しみながらゆっくり歩いていると、後半2週目の会議に向かう力が満たされてくるようでした。

WWFインターナショナルの気候リーダー、エマニュエル・プルガービダル。マーチでもたくさんのメディアの取材を受けていました。

今週は、各国首脳が集まった閣僚級会合、そしていよいよ、パリ協定の第1回締約国会議(CMA1)が開かれます。

私たちも協定のルール作りで確かな成果が出せるように、精一杯活動していきますので、ぜひ応援していただければと思います。

関連情報

現地より動画配信中!

COP22会場より、WWFジャパンのスタッフが現地の様子をお届けしています。

自然保護室 気候変動・エネルギーグループ所属
山岸 尚之

国連交渉や国内の気候・エネルギー政策でのアドボカシー(提言)活動を担当。

京都議定書が採択されたときに、当地で学生だったことがきっかけでこの分野に関心をもち、大学院を経てWWFに。以来、気候変動(地球温暖化)という地球規模の問題の中で、NGOがどんな役割を果たせるのか、試行錯誤を重ねています。WWFの国際チームの中でやる仕事は、大変ですがやりがいを感じています。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP