石炭依存を払しょくできない日本の長期脱炭素戦略


WWFインターナショナル声明

【スイス、グラン】世界第3位の経済大国である日本政府は、このほど、長期低炭素発展戦略(2050年に向けた長期戦略)を国連気候変動枠組み条約事務局に提出しました。しかしながら、いまだに石炭火力発電を戦略に据えるその内容は、気候変動分野でリーダーシップを担うにはふさわしくない内容となっています。戦略では、今世紀後半のできるだけ早期に脱炭素社会の実現を目指すことを明記しつつも、直近でできる対策は軽視しています。特に、“非効率な”石炭火力発電のみを段階的に廃止するとし、火力発電への依存度を可能な限り下げると明記するに留まっている点が問題です。代わりに、二酸化炭素回収(CCS)・利用(CCU)や、水素による鉄鉱石還元など、いまだ商業的に確立されていない将来の技術革新に大きく依存する内容となっています。

WWFインターナショナルの気候・エネルギープラクティス・リーダーであるマヌエル・プルガル・ビダルは以下の通り、コメントしました。

  • さらに表示する

「パリ協定時代では、可能な限り早期に石炭から脱却することは、全ての国においての優先課題だ。石炭は化石燃料のなかで最もCO2排出量の多い最悪の燃料であり、天然ガスと比べると石炭は少なくとも2倍もCO2を排出する。IPCCの1.5度特別報告書では、たった1.5度の気温上昇でも世界は洪水や酷暑の激甚化、生物多様性の喪失といった深刻な気候変動の影響を経験し得ることが示されている。日本は、石炭に関する計画を速やかに再考すべきだ。」と述べています。プルガル・ビダルはさらに、「日本が脱炭素化を明記し、パリ協定が目指す2度そして1.5度目標をも見据えて、その実現に貢献する意思を示していることは心強い。それが本心であるならば、日本は2030年の温室効果ガス削減目標(NDC)を再考し、9月の国連気候変動サミットの場で目標の見直しを発表すべきである。」と述べています。

以上

声明の英文

Japan fails to impress with its long-term decarbonisation strategy, keeping coal in

GLAND, Switzerland(13 June 2019) -Japan, the world’s third largest economy, failed to step up as a global climate leader by keeping coal in its long-term low carbon strategy submitted to the UN yesterday. Japan commitsto decarbonisation as early as possiblein the second half of this century,but ignoresnecessary short-term actions. Especially, it still intends onlyphasing out ‘inefficient’ coal power plants and ‘trying to reduce’ its dependency on thermal power plants.
Instead, itrelies on non commercialized future technology innovation such as carbon capture and storage and usage;hydrogen reductionin the manufacture of iron.

Manual Pulgar-Vidal, leader of WWF’s global climate and energy practicesaid:“In the Paris Agreement era, phasing out coal as soon as possiblemust be a priority for every country. It is the worst of all fossil fuels. Coal emits at least double the amount of CO2emissions compared to gaswhich has the least emissions of all fossil fuels.The latest IPCC 1.5°CSpecial Report shows that even at atemperature rise of 1.5°C, the world will experience significant climate risks, including flooding, heat related deathsand loss of biodiversity. The world cannot bear any more coal. Japan should immediately reconsider its coal plan.”

Pulgar-Vidal saidit is encouraging that Japan intends to contribute towards achieving the Paris 2°C goal, including efforts toward 1.5°C. ‘To realize its intention, Japan should reconsider its nationally determined contribution and announce updating it at UN Secretary General’s Climate Action Summit planned for 23 September in New York.”

WWFの活動を
ご支援ください

WWFの活動は皆さまからの会費、寄付、募金により支えられています。
あなたのお気持ちにあった方法で、ぜひ、ご支援をお願いいたします。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP