「エネルギー基本計画」に関する要請書


要請書

要請書 2012年5月1日
内閣総理大臣 野田佳彦 殿
内閣官房長官 藤村修  殿
国家戦略担当大臣 古川元久 殿
経済産業大臣 枝野幸男 殿
環境大臣 細野豪志 殿

公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン 会長 德川恒孝

WWFジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)は、今後の日本のエネルギーのあり方として、第一に、自然エネルギーで100%のエネルギーを賄うことをめざし、第二に、これまでにないような水準での省エネルギーを実施し、第三に、新規の原子力発電所は造らず、既存の原子力発電所は段階的に廃止していくという3つを基本方針とし、三位一体で進めていくことが重要であると考えます。

この3つの方針を実現するためには、日本のエネルギー基本計画を改善する必要があると考え、下記の賛同文を掲げて、全国および海外から賛同署名を募りました。

その結果、国内外から6万4,207筆(国内6万2,203筆、海外2,004筆)の賛同署名を得ました。

これらの賛同者と共にWWFジャパンは、現在、政府が見直しを進めている「エネルギー基本計画」が、以下の5項目を含む前向きな内容に改訂されることを要請いたします。

6万4,207筆の市民の意思をお受け取り頂き、今春から夏にかけて行なわれるエネルギー政策に関する国民的議論に反映いただきますよう、お願い申し上げます。

賛同文

私たちは、今後策定される新しい「エネルギー基本計画」が、次の条項を含む、前向きな内容に改定されることを要請します。


  1. 自然(再生可能)エネルギー100%を目指すこと
  2. そのために、いっそうの電力の自由化を進め、次世代電力システムの整備を実施すること
  3. 原子力に頼らない未来を実現すること
  4. 地球温暖化を解決するため、化石燃料(石油、石炭、天然ガスなど)に頼らないエネルギー社会を目指すこと
  5. 今よりずっと少ないエネルギーで暮らせる省エネを実現し、利便性を保ちつつ持続可能な生活を送ること

関連情報

■本件に関するお問合せ先:広報室 新井秀子 Tel:03-3769-1714 hideko@wwf.or.jp

 

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP