地球温暖化をテーマに各種イベント@横浜に出展しました!


2015年11月に横浜市で開催された環境未来都市・環境絵日記展2015(1日)、金沢動物園の秋祭り(7日、8日)、Yokohama Eco Actionキックオフイベント(22日)に、地球温暖化をテーマにブース出展をしました。イベント当日は、お天気にも恵まれた日が多く、爽やかな秋の風に包まれての開催となりました。

環境未来都市・環境絵日記展

2015年11月1日(日)

11月1日(日)に横浜市大さん橋ホールで開催された「環境未来都市・環境絵日記展2015」にブース出展しました。

イベント当日は、横浜市内から集まった約2万3,000点の絵日記作品の中から、およそ600点の作品が展示され、大賞やWWF賞など優秀特別賞の発表会・表彰式が行なわれました。

WWF賞を受賞した中川小学校1年生の山田美怜(やまだみさと)さんへは、表彰状と記念品の贈呈をWWFスタッフよりおこないました。

WWFブースには、およそ330名の方にお立ち寄りいただき、私たち人間や動物たちに大きな影響を与え始めている地球温暖化について学んで頂きました。

金沢動物園の秋祭り

11月7日(土)、8日(日)

11月7日(土)、8日(日)には、横浜市立金沢動物園で開催された「金沢動物園の秋祭り」にブース出展し、動物を切り口に地球温暖化について学べるワークショップを実施しました。

地球温暖化が今以上に進行してしまうと、一体どのような影響が起こってしまうのか。

温暖化によってすみかを奪われてしまう動物、食料が減少してしまう動物など、動物達へ与える温暖化の脅威について、WWFスタッフからの話に真剣に耳を傾けていただいた方が多くみられました。2日間でおよそ300名の方にブースにお越し頂きました。

YOKOHAMA ECO ACTIONキックオフイベント

@日産スタジアム 11月22日(日)

COP21の開幕を目前に控えた11月22日(日)、気候変動について考え、節電や省エネなど、身近な環境行動を実践するきっかけづくりを呼びかける、横浜市の「YOKOHAMA ECO ACTION」のキックオフイベントにWWFも協力しました。

イベント当日は横浜F・マリノスホーム戦の最終日ということもあり、スタジアムにはおよそ4万4,000人サポーターが集結。

スタジアム内では、2015年のアースアワー親善大使でもある、横浜F・マリノスの選手にご協力頂いたビデオメッセージの放映や、ハーフタイムにWWFスタッフが横浜市の子供たちとピッチをパレードしてPR活動を行ないました。

地球温暖化防止の為に私たちにもできること

2015年11月30日から、フランス・パリで開催されていたCOP21では歴史的な国際合意となる「パリ協定」が正式に採択され、温室効果ガスの実質的な排出量をゼロにする対策が明確に示されました。

しかし、日本が現在掲げている26%の削減目標は十分とは程遠く、国内対策を整備して国際的な対策に強調していく姿勢が求められてゆくことでしょう。

また、政府・政策に頼るばかりではなく、地域社会での取り組みや、わたしたちの生活の中で行動できることもあります。

2016年1月12日にはシンポジウム「Choice! 地球温暖化にあなたはどう向き合うのか」を開催し、COP21の最新成果の報告と、学生を中心とする参加者と一緒に地球が抱える問題にどう向き合っていくのか対話形式で紐解いていきます。

3月には、世界の人々が環境への思いを馳せる環境キャンペーン「アースアワー」を2016年も実施します。

是非このような機会を、地球環境と自分の関係を見つめ直す機会として、ご活用いただければと思います。

最後に、事前準備から当日の運営までサポート頂いたWWFボランティアのみなさま、ありがとうございました。

関連情報

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP