キャナルシティ博多のクリスマス・イベントで募金の呼びかけ!


2009年12月に福岡県福岡市のキャナルシティ博多で、同施設の主催によるクリスマス・イベントが開かれ、WWFの自然保護を支援するための募金を呼びかけていただきました。また、会場内ではポスター掲示やパンフレットの配布を通じて、ご来場の方にWWFの活動を紹介いただきました。スタッフの皆さんの熱心なお声がけのおかげで、寒さの中多くの方に、募金にご協力をいただくことができました。
イベント終了後にご担当者からお寄せいただいた手記とお写真をご紹介します。ご協力をありがとうございました。(報告:WWFジャパン募金係)

キャナルシティ博多 クリスマスファンタジア イベント実施報告

キャナルシティ博多では、クリスマス気分一色の12月に、最も多くのお客様が来場されます。

期間中は、たくさんのライブやパフォーマンスなどのイベントを実施しておりますが、中でも一番人気なのが、館内を彩るクリスマスイルミネーションです。

キャナルシティ博多のメインのクリスマスオブジェ「森のシャンデリア」には、フランスの森から動物たちがモミの木に乗ってやってきた、というストーリーがあります。

そこで私たちは、森や動物たちの自然を大切に守っていこうというテーマを掲げ、WWFのポスターと募金箱の設置を行ないました。

同時に、夕方はとても冷え込みますので、今年は初の試みとして、ホットドリンクサービスを行ない、お客様に足を止めてもらえるような工夫をしました。

期間は、2009年12月19日(土)・20日(日)・23日(水・祝)~25日(金)までのたったの5日間でしたが、多くのお客様にお立ち寄りいただき、少しでもWWFの活動に協力できたことを嬉しく思っています。

(キャナルシティ博多 イベントご担当者より)

20100216c.jpg

募金活動をやってみませんか?

 WWFでは、自然保護事業を進めていくために、募金活動の協力をお願いしています。店舗や宿泊施設、病院、会社、学校、その他公共施設など人目につきやすい場所に、募金箱やパンフレットなどを設置していただける方は、ぜひWWF事務局までご一報ください。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP