コンサートにて募金にご協力いただきました


2010年1月、東京都の大田区立田園調布富士見会館で、任意団体「クレッシェンドの会」が主催するコンサート「エカテリーナ ロシアを歌う」が開催され、入場料の一部から募金にご協力をいただいたほか、会場にはWWF募金箱の設置やパネルの展示をして、ご来場の皆さまに温暖化防止のための募金を呼びかけてくださいました。

満員のコンサート会場で

コンサートでは、ロシア民謡、ポップミュージック、日本の歌など、幅広い分野で活躍しているロシア出身の歌手エカテリーナさんが、ピアノの演奏に合わせて「ともしび」や「ポーリュシカポーレ」「100万本のバラ」など、14曲を披露しました。

当日は、地域の皆さまに加えて、会場からは遠方となる、東京都日野市や府中市、神奈川県鎌倉市、埼玉県などからのご来場者もあり、定員を超えるほどの大盛況で、追加のお席をご用意されたそうです。

また、温暖化の問題をテーマにした曲「ホッキョクグマ」の前には、クレッシェンドの会の会長である水島納子さんに、WWFの活動内容や地球温暖化の問題について、パネルを活用してお話をしていただきました。

活動終了後に、募金のご送金と合わせて、コンサート会場のお写真をお送りいただきましたので、ご紹介させていただきます。ご協力をありがとうございました。

(報告:WWFジャパン募金係)

20100518d.jpg

募金活動をやってみませんか?

 WWFでは、自然保護事業を進めていくために、募金活動の協力をお願いしています。店舗や宿泊施設、病院、会社、学校、その他公共施設など人目につきやすい場所に、募金箱やパンフレットなどを設置していただける方は、ぜひWWF事務局までご一報ください。

 

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP