[COP10関連] 日本の「おりがみ」に挑戦しました!


こんにちは WWFインターナショナルから来ましたナタリア・ライターです。
名古屋のCBD・COP10会場では、WWFをはじめ各国のNGOや政府機関がサイドイベントを開催し、自分たちの取り組みを会議参加者に紹介しています。

18日の午後には、IUCN(国際自然保護連合)日本委員会が、動物などのおりがみを折って、生物多様性の “いのちのつながり”に想いをはせる「おりがみワークショップ」を開きました。

私もこれに参加し、日本の着物を着たIUCNスタッフの方に教えてもらいながら、鳥の折り紙づくりに挑戦しました。折り紙、きれいですね! COP10の忙しい中で、楽しいひとときを過ごしました。

私は今回のCOP10では、WWF全体の広報をとりまとめる役割で、日本はじめ各国から来たスタッフと共に、名古屋の国際会議場内を走り回っています。

こうしたサイドイベントの実施も、広報担当者の仕事の一部。
WWFもアマゾンやスマトラ、黄海などでの活動を紹介するサイドイベントを準備しています。WWFブースではその案内を出していますので、お出でになられた方はぜひチェックしてみてくださいね!(WWFジャパン取材・編訳)

■イベント開催します!!(19日)

 

20101019a.jpg

IUCN日本委員会の石黒さんと。IUCNとWWFは関係の深い団体で、WWFジャパンもIUCN日本委員会のメンバーとなっています。石黒さん、ありがとうございました!

20101019b.jpg

WWFとトラフィックのサイドイベントの告知。ぜひご参加ください!

 

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP