カメラが証明するトラの危機


こんにちは、森林プログラムの古澤です。
インターネットのニュースなどでご存知の方もいるかもしれませんが、最近インドネシアで仔トラの兄弟の映像を捉えることに成功しました!

これは3月から4月にかけて、WWFインドネシアのトラ調査隊がスマトラ島中部の森で行った調査で得られたものです。この映像を初めて見た時は、仔トラが落ち葉をくわえたり、じゃれたりしている様子に、とても驚きました。野生の仔トラ(しかも3頭!)が遊んでいる様子を記録した映像は、とても珍しいものです。

ところがこの映像、森林が伐採などの開発から保護される国立公園の外で撮られたものなのです。約25年間で森林の面積が半分になり、世界で最も森林減少のスピードが速いと言われるスマトラ島では、森はみるみるうちに消えてゆきます。

残念ながら、この仔トラの兄弟の住みかも、周囲は紙の原料となるアカシアの木やパームオイルをとるためのアブラヤシを植えるためのプランテーション(農園)に変わってしまっていて、その中にぽつんと浮かぶ小さな島のような森なんです。

しかも、土地の利用権は、製紙メーカーに木材を供給する企業が持っているので、政府から伐採の許可が下りれば森は消え、そうすればこのトラも…。

森もトラも危機的な状況にありますが、幸いにも、森の中のカメラがスマトラトラの存在を証明してくれました。WWFでは、この動画をもとにこの森が伐採を免れるように企業や政府に対して働きかけを行なっています。
続きはまた報告しますね!

20110613b.jpg
20110613c.jpg

撮影されたスマトラトラの親子

 

この記事をシェアする

自然保護室 森林グループ所属
古澤 千明

主にミャンマーとタイを担当しています。紙や天然ゴムといった森林資源に由来する暮らしに欠かせないものの持続可能な利用にも取り組んでいます。

昔から自然や生き物への興味はあったけどまさかWWFで働くことになるとは思わなかった(笑)。自然科学や生物のスペシャリストではない自分だからこそ、得られる理解・賛同もある!と信じつつ、そうは言っても日々勉強。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP