温暖化と闘う三銃士、新宿に見参!


広報の佐久間です。
残暑おみまい申し上げます。みなさま、無事にお過ごしでしょうか?

小学生のころに渡された「夏休みのしおり」には、「勉強は、涼しい午前中のうちにやりましょう」と書いてありました。でも、今年の夏は、「涼しい午前中」なんてどこを探しても見あたりません。午前8時で、すでに30℃…

こうなると、やはり「地球温暖化」という言葉が頭に浮かんできます。でも一方で、「温暖化防止のことを言うと、じゃあ原発を存続させようという話になってしまうのでは…」と心配される方もいらっしゃるのではないでしょうか。

確かに日本では、「温暖化防止をとるか、脱原発をとるか」の二者択一、のような話になることも少なくないのですが、本当は、もっともっと選択肢はたくさんあるのです。そして、世界では、実際に、さまざまな取り組みが始まっています。

そんな「世界の最前線」を知ることができるセミナーが、9月11日、東京・新宿のサザンシアターで開催されることとなりました。

講師は、温暖化防止に長年、取り組んできた、WWFの「三銃士」です。

末吉竹二郎さん(WWFジャパン評議員)は、みのもんたさんの「朝ズバ!」にもご出演中の経済評論家。

井田徹治さん(同じくWWFジャパン評議員)は、世界を取材で歩き、その目で現場を見てきた環境ジャーナリスト。

そして、小西雅子は、WWFの気候変動・エネルギーグループのリーダーとして、国際会議を飛び回っている人物です。

お伝えするのは、「日本人に知らされていない世界の動向と舞台裏」。当日のお話は、わかりやすく、楽しんでいただける形で進めていきますので、ぜひ、足をお運びください。

  • ※セミナーは終了いたしました。ご参加ありがとうございました

 

20120807sazan.jpg

 

 

image.jpg

C&M室
佐久間 浩子

WWFではずっと「伝える」ことに携わってきました。今は会報を担当しています。

なにごとも決めつけてはいけない。知ったつもりになるな。複雑なものを、複雑なまま受け止める覚悟を持て。想像力を磨き、ヒトの尺度を超える努力をせよーー動物や植物に教えられたことを胸に、人と自然の問題に向き合い続けたいと思います。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP