製品本体にWWFロゴマークを付け、新商品自体の特性の一つとして、社会貢献性を持たせるものです。製品の企画段階からWWFが参画し、製品仕様や商品説明等を確認させて頂きます。マークの使用料(ロイヤリティ)は、WWFの環境保全活動の資金として活用されます。

お問合せ

契約条件

ロイヤルティ 原則小売価格の 5 %以上、もしくは卸売り価格の8 %以上 ( 商品単価や販売計画数により決定 )
年間最低保証額 販売計画に基づき協議の上で決定しますが、100 万円以上での契約が前提となります。
期間 原則 1 年毎で、最長 3 年 ( 更新可 ) 。季節商品についてはその限りではありませんが、最低保証額は上記年間額が適用されます。
独占契約 原則不可となります。
対象地域 日本のみ。国際契約も可能ですが、各国のWWFとそれぞれ契約する必要があります。また、年間最低保証額が異なります。

契約基準

WWFロゴマークはエコラベルではないため製品の環境配慮を保証するものではありませんが、WWFが推奨できる品質であることは必要となります。

製品分類 環境上取り扱い不可、もしくは条件が付く製品群があります。
素材 例えば、塩化ビニール(PVC)は製品・包装・店頭資材等すべての製作物で使用できません。
販路 原則自由です。ただし環境への悪影響、道徳上適切ではない販路は避けていただく必要があります。
包装 極力環境に配慮した素材の使用が要求されます。

環境上取り扱い不可、もしくは条件が付く製品分野について

WWFのマークを製品につけるに当たっては、特定の製品分野においてWWFの活動と方向性の合わないものや、社会的通念から問題があると思われる製品について、取り扱わない若しくは取り扱いに当たって制限を設けています。予めご了承ください。

手続きの流れ

  1. 契約希望商品を下記のWWFジャパン ライセンス担当までご連絡下さい。内規や現在の契約・交渉案件に照らし可否をお伝えさせて頂きます。
  2. 製品の特性・販売計画・契約条件を記載した計画書をご準備下さい。この計画書に基づいて、WWFとの協議の上、定型契約書を作成致します。
  3. 契約書をお渡し致します。各条項をご確認頂き、その上で契約書を締結致します。
  4. 製品のデザインやタグ等の表記、販売関連資材等、個別の制作物をその都度ご確認させて頂きます。
  5. 商品の発売。

事例紹介

動物や植物のモチーフ等、デザイン面でWWFとの繋がりが感じられる製品 ●T シャツ
●ベビー服
●ハンカチ
●ネクタイ
●シルバージュエリー
●子供靴
●テーブルウェア
●花瓶
●ぬいぐるみ
●ジグソーパズル
●動物フィギュア
●スナック菓子
使用素材や製品コンセプトでWWFとの繋がりが感じられる商品 ●ショッピングバッグ
●筆記具
●トイレットペーパー
●オーガニックコットン
●粉石鹸

現在販売されているWWFのライセンス商品の紹介はこちら

お問合せ

詳しくは下記までお問合せください。