干支のコラム:蛇の問いかけ


2013年 巳の年を迎えて

手足を持たず、飛ぶ翼も、泳ぐヒレも持たない。
神秘そのものといってよい姿を持つ蛇(へび)は、実際、途方もなく不思議な魅力を持つ生き物だ。

世界に無数に存在する神話や伝承の中で、蛇はしばしば生命の力の象徴とされてきた。

脱皮は新たな生まれ代わりを、自分の尾をくわえた蛇の輪は、永遠の循環を象徴する。無限と、自ら再生する命の力のシンボルである。

あまたの物語に登場し、太古の世界の怪物として退治される巨大な蛇たちも、秩序によって統制される以前の、原初の生の力の体現なのかもしれない。

エデンの園で、蛇が「知恵の木の実」を食べるよう人をそそのかし、神に「最も呪われた獣」とされた旧約聖書の話は有名だが、それより以前の中近東の地で、女神と蛇が神と崇められていた歴史をふまえれば、これも見方が変わってくる。

豊穣を司る母なる地の神と、永遠の命を象徴する蛇。

片や、これを征服した父なる天の神は、すべてを創り、与える存在であった。

蛇の力は断罪され、無限の循環は断たれ、そして命のベクトルはその方向を変えねばならなかった。

めぐる輪から一直線に、「最後の審判」という終末に向けて。

目的に向けた前進、進歩、限られた時間の中での最大限の努力。
こうした何らかの「終着点」を目指す生き方の方向性が、人に発展をもたらしてきたことは確かである。

しかし、その行き着いた先、今この世界で「循環」という言葉が、強く意識され始めている。

「右肩あがり」が良いとされる世界。その「終末」に何があるのか?
人はそこで、本当に幸せに生きられるのか?

自分の尾をくわえた蛇が、問うている。

私たちは、見つけられるだろうか。
エデンの園で見失った、調和と循環への道標を。

20130101b.png
20130101c.png

会報『WWF』2013年新年号 より)

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP