[COP10関連] ABS「名古屋議定書」議論の続報


COP10会場より村田です。ABS「名古屋議定書」に関連した続報です。
状況がころころ変わるので、情報がすぐに古くなってしまいます。

午後8時からのICG(非公式)全体会議が、今しがた終わりました。

結局のところ、コンプライアンス(13条)グループも、伝統的知識(9条)グループも、結論に達せず、病原体(6条b)を加えた3つの小グループに分かれ、さらに検討を継続することになりました。

それぞれのグループでは、終電直前までに片付けよう、ということになっているようですが、どうなることやら。
コンプライアンスの状況をもれ聞いた範囲では、相変わらず難航しているようです。

病原体のグループで、もう少し粘ってから帰ります。

 

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP