夏休み!今年の自由研究は野生動物が解決!


まだ梅雨明け宣言を聞いていないのに、すでに夏バテをしております、普及啓発教育担当の松浦です。みなさんはいかがお過ごしでしょうか。

え?お子さんの夏休みがやってくるのが憂鬱? 楽しそうでいいじゃないですか。 ...ほう、自由研究。毎年毎年テーマに悩む、と。なるほど。

そんなあなたに朗報です。

WWFジャパンがイベント「夏休み2017 宿題☆自由研究大作戦」に出展します!

7月21日(金)~23日(日)に行なわれる、東京会場(東京ビッグサイト 東6ホール)でのイベントでは、科学や暮らし、お料理、工作や防災など、さまざまなテーマのプログラムが50以上も実施されます。

WWFジャパンも今回、野生動物と自然保護をテーマにしたオリジナル・プログラム「ようこそ!動物のおうちへ!―生きもののすみか「地球」―」を行います。

1回20分のプログラムを1日10回実施予定。野生動物の特徴を学びながら、動物たちにオススメの「すみか」を研究し、紹介してあげるワークショップです。

今回登場する動物たちは、全部で3種。「すみか」を紹介してあげると動物たちが「不満」をつぶやき始めます...「不満」を解決するにはどうしたらよいのか、子どもたちと一緒に考えます!

プログラムに参加した方にはオリジナルのワークブックを差し上げます。当日学んだことはもちろん、家に帰った後の研究の進め方やヒントも盛り込まれているので、夏休みはこの一冊があれば完璧!

プログラムに参加するためには、イベントの事前登録が必要になります。また当日は整理券をイベント事務局でゲットして、WWFジャパンのブースまでお越しください。
詳しくはこちらのページをごらんください。

みなさまとアツい夏を過ごすべく、会場でお待ちしております!

こちらがワークブック。表紙だけご紹介。中身は会場で!

関連情報

関連リンク

この記事をシェアする

C&M室
松浦 麻子

普及啓発教育担当。

民間企業→科学館から流れてきた猫&ペンギン好きのコミュニケーター。未来を創る次世代を育てることを使命と思い込んで走り続けるため、ワークダイソンとも呼ばれております。。五感を刺激する楽しい教育プログラムを作ってみなさまにお届けします!

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP