今日は世界ウミガメの日!(動画あり)


今日6月16日は、世界ウミガメの日!
ウミガメを大切にする気持ちを育み、その保護を呼びかける日だそうです。

私が初めて野生のウミガメを見たのは、昨年の12月。

マレー半島の東海岸沿いにあるトレンガヌ州のウミガメ保護区で、WWFマレーシアのアシスタントとして、ビーチパトロールをしていた時のことでした。

深夜3時の真っ暗な砂浜に体調1メートルほどのアオウミガメが、産卵のためゆっくりと上がってきました。産卵場所を見定め、大きな穴を掘り、卵を80個ほど産み、砂で埋め、休みやすみまた海へ... その間、約3時間半。

岩陰に隠れ様子を伺いながら聞こえるのは、穏やかな波の音と、母ガメがゆっくりと砂をかき分ける、「ザッ、ザッ」という音だけ。

生命の神秘に、野生動物のたくましさに、心が震える想いでした!

【動画】産卵を終え海へ戻っていく母ガメの姿

現在、世界に生息する7種のウミガメのうち、6種が絶滅の危機に瀕しています。

その主な原因は、生息地や産卵地の減少、海の汚染、装飾品や食用にするための乱獲、漁網に過って絡まってしまう混獲などです。

いずれも、今世界中で起きている海の環境破壊を象徴する問題です。

実は日本も、ウミガメの産卵地として、とても大切な場所。

WWFのサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」がある石垣島白保の海岸にも、アカウミガメ、タイマイ、アオウミガメの3種が、毎年のように産卵のために上陸します。

こうした姿が見られる場所は、海の自然がしっかりと守られている場所、といっても過言ではないかもしれません。

世界の各地で取り組まれている、ウミガメたちが生きる海を守る活動。これからも、お伝えしていきたいと思います!(広報室 松岡)

関連情報

C&M室 メディアグループ所属
松岡 永里子

プレス・映像担当。

長年氷上でアザラシを撮影している写真家の方に聞いた、撮影現場で着実に進む地球温暖化の影響にショックを受け、広報代理店から転職。難しい印象もある環境問題ですが、より多くの方に関心を持っていただけるような発信を目指しています。業務として始めた動画制作が今では趣味に。ドローンも練習中!

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP