今日は山の日!「山を守る者」のメッセージ(動画あり)


今日8月11日は、山の日!

国民の休日として施行してから、初めての休日ですね。

この山の日が制定された目的は、「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ことだそう。

そんな日にちなみ、WWFインドネシアの取り組みに協力している映像クリエイターの方が今年制作した、「山を守る者」という動画をご紹介します!

インドネシア語音声、英語字幕ですが、映像を見ているだけでもメッセージが伝わってくるので、ぜひご覧ください。

【動画】The Muller Mountain's Protector

映像中では、自然豊かな村に暮らす年配の男性が、こう語りかけます。

 『森は、私たちにとって、とても大切です。
 森の中で、食べ物も、樹脂も、籠などを編むための籐も、
 薬だって手に入るからです。

 私たちの村には美しい川が流れ、その水は清く清潔です。
 森を守ることで、川も守られているのです。

 しかし今、森は苦しんでいます。
 農業やプランテーションの開発のため失われ、
 木材の利用のために、過剰に木が伐採されているからです。

 森の機能を取り戻すために、
 私たちは地域で一丸となり、たくさんの木を植えました。

 一緒に、森を守りましょう。

 森は、ここに暮らす私たちだけではなく、
 すべての人にとって、大切なのです。

 もし、森を傷つけなければ
 森は私たちに、そして次世代の子供たちにも、
 たくさんの恵みをもたらしてくれるでしょう』

美しい自然の風景と、悲しげな男性の声、そして明るい表情の子供たち。

森と共に生きてきた男性が、その森と、次世代を担う子供たちの未来を憂う気持ちと、今行動すればきっと未来は変えられる、という希望が伝わってきます。緑豊かな景色を、これからの未来もずっと引き継いでいくために。

山の日の今日、自然を大切にする気持ちを育み、今私たちに出来ることを、考えてみていただければと思います。
(広報 松岡)

この記事をシェアする

遺贈相談担当 ドナーアドバイザー
松岡 永里子

学士(国際教養学)。広報代理店、海外WWFのウミガメ保全現場アシスタントを経て、2016年にWWFジャパンの広報メディア担当として入局。2018年より新設の遺贈担当に転向。
動物が好きで、もともとWWF個人会員でした。終活もまずは実践!と28歳で初めて自分の遺言書を作成、何度か書き換えの上、法務局に保管しています。おひとり、おひとりのお気持ちやご事情を伺い、同じ目線に立って相談をお受けしています。初めてでも、大丈夫です!先ずは雑談からでも、安心してご相談ください。

遺言書によるご逝去後の寄付「遺贈(いぞう)」のご相談や手続きを専任で担当。
大切なご支援者様の希望が実現できるよう、そしてご親族が悲しい想いをされないよう、全力でサポートします!不動産の寄付、終活全般もお気軽にご相談ください。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP