[COP10関連] 会議第二週目に突入!閣僚級会合に向けた課題


東京のWWF事務局より、Web担当の三間です。
名古屋のCOP10、開催されてより1週間が経ちました。現地に出向いている仲間のスタッフたちからは、土日昼夜の別を分かたず、あれやこれやの情報や記事が次々に舞い込んできます。端から処理してサイトに情報をアップしてますが、追いつかないことも!(申し訳ないっ!!)

長いスタッフだと、もう1週間以上現地に入りっぱなしで、そろそろ脈も上がってこようかというところ?
ですが、COP10はこれからが本番! 今週からは、世界中の環境大臣が名古屋にやってきて、閣僚級会合が始まります。議長国の日本としては、何があろうと越えねばならぬ、大きな山。

201010125r.jpg

びっちり埋まったNagoyaのスケジュール(表面のみ)。中身が増えることはあっても、減ることは…?

我々も気力を振り絞って、最後の5日間に臨みます。
「日本でやった多様性会議はタコだった」なんて、後々言われたくないですもんね!

このブログ、およびWWFジャパンの公式サイトでは引続き、会議の動き、イベントの報告、また現地で奮戦するスタッフたちの声をお届けします。ぜひチェックしてみてください。

 

 

この記事をシェアする

自然保護室 次長
三間 淳吉

デジタルメディア等々担当していますが、普通に本が好きです。

虫を追いかけ40年。鳥を追いかけ30年。生きものの魅力に触れたことがきっかけで、気が付けばこの20年は、環境問題を追いかけていました。自然を壊すのは人。守ろうとするのも人。生きものたちの生きざまに学びながら、謙虚な気持ちで自然保護や野生生物のことをお伝えしてゆきたいと思います。

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP