相続財産からの寄付


「自然が大好きだった故人の遺志を受け継ぎたい」。そのような思いから、相続された財産の一部をWWFに寄付されるご遺族の方が増えています。このWWFへの寄付額分については、一定の条件で相続税が免除されます。

相続財産からの寄付の流れ

1.ご相談、ご意思の決定
  • 内容の決定(金額、資産の形状など)
  • ご相談(WWFでの受け入れ可否、使い道のご希望など)
2.ご寄付
  • ご寄付
  • WWFより領収書と、特定公益増進法人であることの証明書の写しを発行
    (入金から、2週間程かかる場合がございます)
3.必要な場合、相続税の申告と納付
(故人ご逝去から10か月以内)
  • 相続税の計算と申告、納付

相続税とは

相続財産の合計が下記の「基礎控除額」より多い場合、金額に応じた相続税の申告と納付が必要です。公益財団法人への寄付分は、相続税が非課税になりますが、必ずその旨の申告が必要です。

相続税の基礎控除額=3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

※2018年12月現在。
※税金について、詳しくは専門家や、最寄りの税務署等へもご相談ください。

相続税とは

ご逝去日から10ヶ月以内に、ご寄付のお振込み、WWFからの領収書と証明書の発行(入金から2週間程かかる場合がございます)、その領収書と証明書を添えて相続税の申告と納付、までが必要です。ご寄付のお振込先など、詳しくは、WWFまでお問い合わせください。

お問い合わせ、資料のご請求

遺贈・遺産寄付に関するパンフレットを、無料で郵送いたします。

WWFジャパン 個人会員係 遺贈・遺産寄付 相談担当

電話番号: 03-3769-1712
受付時間: 平日10:00~17:30

関連情報

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP