よくあるご質問

よくあるご質問

WWFジャパン事務局への訪問・就職について

WWFで働いてみたいのですが?

WWFジャパンでは、職員の定期採用および新卒採用は行なっておりません。空席が生じた際には、ウェブサイトやメールマガジンで告知をさせていただきます。

スタッフにはどのような技能・資格が求められますか?

必要となる技能や資格は、所属部署により変わります。例えば実際の環境保全活動に携わる「自然保護室」では、プロジェクトマネジメントや海外とのやりとりが主な業務になるため、生物や環境に関する知識や実績、対外的なコミュニケーション能力、語学力が役に立ちます。その他、活動資金の獲得や顧客対応に従事する「サポーター事業室」、マスメディアやウェブサイトを通じて広報を行う「広報室」、総務や経理、人事やITを通じて組織全体を支える「企画調整室」があります。

海外から応募できますか?

ご応募いただけます。ただし日本にお住まいの方と同じ採用プロセス(時期)となります。

  • E-mailでの書類提出は受付できませんので国際郵便などの方法でお送り下さい。
  • 面接に進まれた場合は、電話やSkypeでの対応はできませんので日本にお越しいただく事になります。

休日や勤務時間について教えて下さい

東京事務局では土・日・祝日、年末年始がお休みです。休日に出勤する場合は代休を取得していただきます。勤務はフレックスタイム制(コアタイムなし)で、1日の標準労働時間は7時間30分です。

男女比率はどのくらいですか?

部署により違いがありますが、全体では女性の方がやや多い職場です。すべての待遇において、男女による違いはありません。当然のことではありますが、性別によらず平等に働ける環境になっています。

産休、育休は取得できますか?

法定通り取得できます。現在産休・育休中の方や、復職して育児のため短時間勤務をしている職員がおります。

インターンの募集は、行なっていますか?

夏休み等に個人的にインターンを希望される場合のお問合せは現在受け付けておりません。カリキュラムの一環として大学などが実施し、単位認定されるインターンシップは、都度個別に検討させていただいておりますので、先生やご担当者を通じて、大学・大学院よりWWFジャパンボランティア担当(email: volunt@wwf.or.jp)宛にお問い合わせください。

入社後の異動・転勤はありますか?

一般職員はどちらもあります。組織の期待だけでなく、本人の希望、適正などを考慮した上で異動の有無や異動先を決定します。

WWFの事務所を訪問したいのですが?

WWFジャパンの事務所は通常のビジネスオフィスと同じもので、一般に開放しているスペースや設備(活動紹介コーナーなど)はございません。申し訳ありませんが、修学旅行や総合学習等の受け入れを除き、個人の方の個別のご訪問はお断りさせていただいております。特別なご相談がございます場合は、事前にご連絡をお願いいたします。 電話:03-3769-1714(平日10:00~17:30)email :communi@wwf.or.jp

月々500円からできる
環境保全。

会員になる
他にもできる、活動へのご支援・ご参加
寄付をする
ショッピングをする
募金活動をする