アジアの目撃者一覧


(C)Zhang Yifei / WWF China

目撃者の証言:高原の水が涸れてゆく

アジア(中国):更求拉加さんの証言

更求拉加さんは58歳。中国西部の青海省玉樹県で、ヤクを飼育して生活しています。近年、雨の降り方の変化と、周囲の山々の万年雪の減少によって、暮らしに必要な水の供給に影響が出始め、これまでよりも遠くまで水を汲みに行かなければならなくなりました。...続きを読む

Loading...

(C)Zhang Yifei / WWF China

目撃者の証言:変わりゆくチベットの湖畔

アジア(中国):索宝さんの証言

青海省チベット高原で、半世紀あまり暮らしてきた索宝さん。最近、ふるさとのある鄂陵湖のほとりの様子が、変わってきたといいます。水は不足し、家畜に与える草も質が悪化しました。湖のほとりの環境が大きく変化し、普段の生活はもちろんのこと、子や孫の代にまでその影響が及ぶことを、索宝さんは懸念しています。...続きを読む

Loading...

(C)Doungjun Roongruang

目撃者の証言:冬の季節が消えてゆく

アジア(タイ):トゥンジュン・ルーングランさんの証言

トゥンジュン・ルーングランさんは、母国のタイで気温の上昇や、雨季の長期化、集中豪雨が多発していると感じています。故郷では雨季になると、河川がしばしば氾濫し、家屋が浸水。人々は困難な生活を余儀なくされています。また、予想できない天候のために、農家の人たちは作物の植付けや、稔りある収穫を得ることが難しくなっています。...続きを読む

Loading...

(C)Ang Tshering Sherpa

目撃者の証言:世界の宝・ヒマラヤの自然を守れ

アジア(ネパール):アン・ツエリング・シェルパさんの証言

ネパールで35年にわたり、山岳観光に携わってきたアン・ツエリング・シェルパさんは、ヒマラヤの各地で雪と氷河が消え、代わりに巨大な氷河湖が生まれるのを目にしてきました。失われゆく自然の中で、アン・ツエリング・シェルパさんは、ヒマラヤの美しさを世界の財産として、未来の世代にのこそうと訴えています。...続きを読む

Loading...

(C)WWF

目撃者の証言:海水面が高くなり家と土地が流される

アジア(インド):ジャラルディン・サハさんの証言

ジャラルディン・サハさんはインドのガンジス川河口に広がる、スンダーバンズ地方で生まれ育ちました。今もこの地方にあるモスニ島で、学校の教師をしながら、小さな農園を営んでいます。しかし1992年、海岸の浸食によって、サハさんと付近に住む100人の島民は家と土地を失いました。2005年にも再び家を失ったサハさんは、現在も続く海面の上昇によって、島の暮らしが脅かされているといいます。...続きを読む

Loading...

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP