©WWF Japan

  • オススメ
  • 長期イベント
  • 無料
  • WWF主催・登壇

淡水魚の原画展 -日本の原風景を泳ぐ絶滅危惧種15選- @渋谷

長期イベント|無料|野生生物を守る

開催は終了いたしました

田んぼにすむ魚たちの新たな側面を見つけにきませんか?

開催日時
2018年11月23日(金) ~ 2018年12月02日(日)

場所
モンベル渋谷店 5階サロン
(東京都渋谷区宇田川町11−5 モンベル渋谷ビル)


©nature works

かつては身近な風景の中で数多く見られた、メダカやドジョウ、タナゴなどの魚たち。

しかし、田んぼや水路の自然が失われる中、こうした日本の淡水魚は、今やその4割以上が絶滅の危機に瀕しています。

この展覧会では、そんな魚たちの姿を、博物画家として知られる小村一也氏の原画でご紹介いたします。
小さなうろこの一枚一枚まで、精緻をきわめる筆使いで描きだしたこの原画の数々は、身近でありながら美しく、神秘的な魚たちが秘める輝きと魅力を、余すところなく伝えてくれます。

昔、川でつかまえたことのある魚。
名前は知らないけれど、何となく見たことのある魚。
そうした魚たちの新しい姿を、発見できるかもしれません。

©WWF Japan
  • さらに表示する

また、身近な魚に加え、日本の限られた地域にしか生息していない、希少で珍しい魚の原画も展示いたします。

魚のことは知らなくても、自然や生きものが大好きな方なら、きっと喜んでいただける原画展。ぜひお立ち寄りください。

※WWFジャパンでは、日本の野生生物保全の一環として現在、九州の水田地帯で「水田・水路の生物多様性と農業の保全プロジェクト」を実施しております。
会場ではそうした保全活動についてもお伝えしています。

イベント詳細

日時 2018年11月23日(金) ~ 2018年12月02日(日)
場所 モンベル渋谷店 5階サロン
(東京都渋谷区宇田川町11−5 モンベル渋谷ビル)
アクセス 渋谷駅より徒歩8分
都営バス/京王バス渋66系「宇田川町」バス停下車徒歩1分
内容 開場時間:11:00~21:00 (最終日は15時で終了)

かつて各地の水田に生息していたメダカやカエル、アメンボなどの野生の生きものたち。
日本の原風景の一部でもあったこの野生生物たちは、自然と共生した伝統的な農法が育む、水田や水路などの環境に適応し、息づいてきました。
水田・水路は、人の手が入った二次的な自然環境であり、原生の自然ではありません。
しかし、隣接する山地や雑木林と一体となった、水田、水路、ため池などは、生物多様性が極めて豊かな場所。
里山、里地と呼ばれる景観の重要な一部を構成するこの環境に適応し、進化を遂げてきた生き物も少なくありません。
しかし、日本の水田・水路に棲む生き物には今、水田面積の減少、農法の変化や外来種など大きな危機が迫っています。
特に、淡水魚への影響が大きく、その42%が絶滅危惧種として環境省のレッドリストに掲載されています。

WWFジャパンの「水田・水路の生物多様性と農業の共生プロジェクト」は、田んぼに棲む生き物と米の生産のどちらか一方ではなく、その両立を目指します。
このプロジェクトで守っていきたい淡水魚たちを「石に棲む魚」の作者として知られ、数多くの生物細密画を描いている博物画家・小村一也氏の美しい画でご紹介します。

11月25日(日)には、同会場で専門家による淡水魚とその保全活動に関するトークイベントも実施。
詳細はこちらよりご覧ください。
定員 なし
主催 WWFジャパン
協力 株式会社モンベル、NPO法人nature works
お申込み・お問合せ お申し込みは不要です。お気軽にお越しください。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP