アフリカの目撃者一覧


(C)Augustine Yelfaanibe

目撃者の証言:変わってしまったサバンナの雨

アフリカ(ガーナ):オーガスティン・イェルファーニベさんの証言

ガーナ北部で、伝統的な暮らしを送っているダガラ族のオーガスティン・イェルファーニベさんは、厳しいサバンナ気候の中で農業を営んでいます。しかし最近は、頼みとしている雨の降り方がおかしくなり、ただでさえぎりぎりの生活を強いられている人々を、さらに圧迫するようになりました。食糧不足の月をどう乗り切るのか。ダガラの人々の戦いが続いてます。...続きを読む

Loading...

(C)Dan Stiles

目撃者の証言:我が家に迫る海と砂

アフリカ(ケニア):ダン・スタイルズさんの証言

ケニアに移住して30年というダン・スタイルズさんは、現在住んでいる海岸の家に、年々海が迫ってくる、といいます。かつては家と海岸の間に横たわっていた石灰岩の層も、今では潮と、それが運んでくる砂に覆われてしまったほど。この地の風光を愛するスタイルズさんですが、現実的な対策は、もはや引越ししかないかもしれない、といいます。...続きを読む

Loading...

(C)WWF EARPO

目撃者の証言:温暖化がもたらした病気と凶作

アフリカ(ケニア):ジョセフ・コネスさんの証言

ケニアのボメット地方にあるカバルソ村。ここは、昔から農作物の生産で生計を立ててきた、農業の村です。しかし、おかしくなってきた天候のパターンが、作物の栽培を困難に追い込み、さらに、マラリアという新しい脅威を運んできました。日照り、冠水、マラリア... この村で農業ひとすじに暮らしてきたジョセフ・コネスさんの不安は、募るばかりです。...続きを読む

Loading...

(C)WWF/Godlove Mwamso

目撃者の証言:海が暮らしを呑み込んでゆく

アフリカ(タンザニア):ラジャブ・モハマド・ソセロさんの証言

タンザニアの首都ダルエスサラームからほど近い海辺の村に住むラジャブ・モハマド・ソセロさんは、ここ50年の間に地元の海岸線が200メートルも内陸に入り込み、家や建物が流されるのを見てきました。漁獲量の減少や降水量の変化など、近年起こっているさまざまな変化が生活を脅かし、人々を不安にさせていると証言しています。...続きを読む

Loading...

(C)Nelly Damaris

目撃者の証言:マラリアがやってきた

アフリカ(ケニア):ネリー・ダマリス・チェプコスキーさんの証言

ケニア西部で農業を営むネリーさんは、日々の生活や、森を守るボランティア活動の中で、自然や気候の明らかな環境の変化を感じているといいます。草が枯れてしまうほどの気温上昇や、死者まで出るようになったマラリアの発生など、これまで無かった変化が、食糧不足や収入の低下、健康被害などを地域にもたらしています。...続きを読む

Loading...

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP