北アメリカの目撃者一覧


(C)Julia Langer/WWF

目撃者の証言:先住民イヌイットが見た温暖化

北アメリカ(カナダ):サイモン・オリーカタリクさんの証言

北極圏の海に面したカナダ北西部の町にすむイヌイットのサイモンさんは、気候が昔と大きく変わったと証言しています。湖の氷は極度に薄くなり、雪の量や質が変わったことで、氷の小屋「イグルー」も作りにくくなりました。サイモンさんは、北極の環境が変わりゆく中で、先住民の伝統文化も失われてしまうのではないかと心配しています。...続きを読む

Loading...

(C) WWF USA

目撃者の証言:温暖化が変える川の環境

北アメリカ(アメリカ):ヴァン・ビーチャムさんの証言

アメリカのニューメキシコに住むヴァン・ビーチャムさんが釣りを始めたのは6歳の時のこと。コロラド州やワイオミング州などアメリカ西部の河川で、20年以上にわたり、フライフィッシングのガイドとして生活しています。ビーチャムさんはこの何年もの間、地球温暖化が川の自然や魚に及ぼしているさまざまな影響を目撃してきました。...続きを読む

Loading...

(C)WWF Canada

目撃者の証言:ガンたちの行動が変わる

北アメリカ(カナダ):コリー・マーチバンクさんの証言

カナダのプリンス・エドワード島で水鳥のハンティング・ガイドをしているコリー・マーチバンクさんは、近年、気温の著しい上昇や、冬期の雪や氷の減少を目撃しています。また、この変化が島を訪れるカナダガンの渡りのパターンに影響を与えていることにも気づきました。...続きを読む

Loading...

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP