新型コロナウイルスに対するWWFジャパンの対応について


WWFジャパンは、新型コロナウイルスによる感染症が国内において更に感染拡大する可能性があることに鑑み、社内外への感染被害抑止とスタッフの安全確保の観点から、本日より次の対応を講じることにしましたのでお知らせします。

関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

感染拡大の状況に鑑み、以下の対応とします
1)勤務形態について
・時差出勤の積極的な実施

2)対外会議について(講演、セミナー含め人が集まる場。一対一の会議含む)
・対外会議は中止、延期またはWEB会議へ変更
・来訪者は極力減らす
・宴席の自粛
※対外会議とは、事務所内外で開かれる外部の方を集める会議のこと

3)出張について
・国内外を問わず、2/1から実施している出張の禁止を継続

4)個人と同居家族の健康管理について
・毎朝検温し、平熱ではない場合は速やかに上長に報告の上、在宅勤務または休暇とする

5)報告義務
・自身が感染した場合、または感染者の濃厚接触者となった場合は速やかに上長に報告

以上

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP