©WWFジャパン

  • イベント
  • 無料
  • その他環境イベント

有明海の再生に向けた東京シンポジウム@東京

イベント|無料|森や海を守る

開催は終了いたしました

諫早湾干拓事業を問い直し、有明海再生の道を探る

開催日時
2018年09月29日(土) 10:30 ~ 17:30

場所
東京大学農学部フードサイエンス棟 中島董一郎記念ホール(東京都文京区弥生1-1-1 東京大学弥生キャンパス内)


九州・有明海の諫早湾で強行された潮受け堤防の設置は、地球システムを大きく分断し、自然とともに生きてきた地域社会にも深刻な亀裂を生みました。この困難な現状を打開し、水循環とともに生きる農林漁業の協同の輪を広げながら、共に生きる道を生み出すことはできるのか。有明海問題は、一地方の問題ではなく、この国が抱えた根源的な問題であり、圧倒的多数の人々が暮らす都会の問題でもあります。その今日的意味を考え、未来志向のもとに、再生への叡智を生み出すシンポジウムを東京で開催します。

イベント詳細

日時 2018年09月29日(土) 10:30 ~ 17:30
場所 東京大学農学部フードサイエンス棟 中島董一郎記念ホール(東京都文京区弥生1-1-1 東京大学弥生キャンパス内)
アクセス 本郷三丁目駅(地下鉄丸ノ内線・大江戸線) 徒歩12分 湯島駅または根津駅(地下鉄千代田線) 徒歩8分 東大前駅(地下鉄南北線) 徒歩1分 地図 http://www.a.u-tokyo.ac.jp/campus/overview.html
内容 ●プログラム
I. 主催者挨拶(10時30分~10時40分)
  地球システム・倫理学会会長 近藤 誠一

II. 趣旨説明(10時40分~11時)
「東京で有明海再生の道を考える」
    地球システム・倫理学会理事、舞根森里海研究所所長
  田中 克

Ⅲ. 講演(11時~16時45分)
  (1)地球システム倫理としての有明海問題(11時~12時)
「クストーの思想に学ぶ」
地球システム・倫理学会会長顧問
服部 英二

「自然と共生する技術とは何か-有明海の再生に向けて」
地球システム・倫理学会副会長、星磋大学共生科学部教授
鬼頭 秀一

(2)有明海の環境と生き物の多様性(13時~14時)
「有明海異変と環境変化-諫早湾潮受け堤防設置との関連」 
  熊本県立大学環境共生学部教授 
  堤 裕昭

「稚魚研究から見た有明海の異変と未来」
     高知大学海洋生物教育研究センター教授
  木下 泉

(3)有明海で漁業と農業に生きる(14時~15時)
「有明海を“宝の海”に戻したい」 
                   佐賀県多良町漁師
平方 宣清

「干拓地で農業に生きる」
             農業生産法人(株)マツオファーム代表
松尾 公春

(4)有明海再生へ向けての展望(15時15分~16時45分)
「韓国順天湾干潟の再生・保全から有明海再生を展望する」
      福岡県立伝習館高校教諭 木庭 慎治
熊本県立岱志高校教諭 松浦 弘

「ラムサール条約と森里川海プロジェクトから有明海再生を展望する」
環境省「つなげよう、支えよう森里川海」プロジェクトチーム・副チーム長
  鳥居 敏男

「森は海の恋人から有明海再生を展望する」
         NPO法人森は海の恋人理事長
畠山 重篤

Ⅳ. 有明海再生へ向けての提言とりまとめに関する意見交換(16時45分~17時30分)

Ⅴ. 写真展示「有明海と諫早湾の今昔」(於:中島ホール入口フロアー)
宝の海と呼ばれた有明海・諫早湾の海と漁業を撮り続ける中尾勘悟氏(肥前環境民俗写真研究所代表)の写真展示

◎『講演者と参加者の懇親会』※シンポジウム終了後、講演者を交えた懇親会を催します。
会費:3,000円
会場:レストラン「アブルボア」(東京大学弥生キャンパス 向ヶ丘ファカルティハウス内)
時間:18時~20時
参加費 懇親会に参加する場合:3,000円
主催 一般社団法人全国日本学士会/地球システム・倫理学会
共催 有明海漁民・市民ネットワーク、NPO 法人森は海の恋人、NPO 法人SPERA森里海・時代を拓く
後援 三井物産環境基金、地球・人間環境フォーラム、WWFジャパン、アースウォッチ・ジャパン
お申込み・お問合せ ●参加申込方法
①参加者氏名、②参加人数、③懇親会への参加の有無、を、「一般社団法人全国日本学士会事務局」宛に、電話、ファックスまたは電子メールでご連絡ください。参加申込受付票は発行しません。また、懇親会参加費(3,000円)の領収書は発行いたしません。
●お申込み・お問合せ先
一般社団法人全国日本学士会事務局
電話:075-724-6500
FAX:075-722-3002
E-mail:gakusi@poppy.ocn.ne.jp
備考 *こちらのイベントは、WWFの主催イベントではありません。予めご了承ください。お問い合わせは各主催団体・主体にお問合せください。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP