©Morgan Heim / Day's Edge Productions / WWF-US

  • オススメ
  • コンテスト
  • 無料
  • WWF主催・登壇

WWFダイアリー・フォトコンテスト

コンテスト|無料|野生生物を守る


あなたの作品でWWFの環境保全活動を応援してください!

野生の生きものや大自然の風景を捉えたネイチャー写真を大募集します!
特別審査員にお迎えするのは、日本を代表する動物写真家の岩合光昭さん。
岩合さんとWWFスタッフが審査・選出した入賞作品でWWFオリジナルの2022年版ダイアリーを製作し、WWFの公式通販「PANDA SHOP」にて販売。その利益はすべてWWFの環境保全活動に使わせていただきます。
過去に撮影いただいた作品でもご応募OK!テーマは自由、プロアマ不問。
皆さまの作品でWWFの環境保全活動を応援していただける本コンテスト。
たくさんのご応募をお待ちしております!
詳細はコンテスト特設サイトをご確認ください。

特別審査員のご紹介

岩合光昭(Mitsuaki Iwago)

1950年東京都生まれ。地球上のあらゆる地域をフィールドに、大自然と野生動物を撮り続けている。その美しく、想像力をかきたてる作品は世界中に高く評価されている。
一方で、身近な存在のネコを約半世紀以上ライフワークとして撮り続けている。ネコを題材としたドキュメンタリー番組(NHK BSプレミアム)「岩合光昭の世界ネコ歩き」が好評放送中。映画「ねことじいちゃん」(2019年)、「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き あるがままに、水と大地のネコ家族」(2021年1月公開)で監督をつとめる。

イベント詳細

日時 2020年10月23日(金) ~ 2021年02月15日(月)
内容 【結果発表】
入賞者には2020年3月末までに通知。
その後こちらのウェブサイト、及びWWFの各SNS等で公表いたします。

【募集テーマ】
テーマは自由。
撮影対象は以下です。
■地球中の陸海空に生息するすべての野生の生きもの
※飼育下にある生きものの写真は、原則として今回の審査対象外といたします。
■世界中の壮大な景色・展望、日本の身近な里山の風景などを捉えたもの
※自然生息地での花、木などの植物も含みます。

【応募資格】
・プロアマ不問
・日本国内に在住の方で、2021年2月中旬~3月末頃に入賞確定作業の連絡が取りあえる方

【応募方法】
コンテスト特設サイトからの応募(ネット応募のみ)受付となります。
・デジタルデータ以外の受付は行いません。
お申込み・お問合せ コンテスト特設サイトはこちらから
申込締切 2021年2月15日

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP