• オススメ
  • イベント
  • 無料
  • WWF主催・登壇

温暖化が進むとどうなる?未来の人道危機を抑えるために今、私たちにできること@オンライン

イベント|無料|地球温暖化を防ぐ

開催は終了いたしました

\若者が呼びかける「Global Day of Climate Action」のこの日、みんなで考えよう/

開催日時
2020年09月25日(金) 18:30 ~ 20:00

場所
オンライン開催


\9月25日(金)は「Global Day of Climate Action」です/

およそ1年前、グレタ・トゥーンベリさんに共鳴した多くの若者たちの呼びかけに呼応する形で、世界で「グローバル気候マーチ」が行われ、760万人以上が街頭に集結しました。

それから1年。いまや"気候危機"とも呼ばれ、人々の暮らしに、そして時には人命にさえも、深刻な被害をもたらす気候変動。その影響は世界共通である一方、気候危機への抵抗力には格差があります。日本だけでなく、すでに世界各地で現れ始めている被害の多くは、気候変動にほとんど責任のない、途上国の人々を襲っています。

世界の科学者は、この先対策が不十分であれば、2100年までに世界の平均気温が約4度上昇すると予測しています。そして、熱波や干ばつの増加や長期化、洪水や台風の激化、水不足や食糧不足とそれによる難民の増加、そして感染症の拡大といった影響に警報を鳴らしています。

このイベントは、気候変動による人の暮らしへの影響について、深い懸念と解決への志を一にするスピーカーの方々とともにお送りします。世界各地の人道支援のフィールドや、気候変動の国際交渉の現場など、最前線で活動する方々がその目で見た「今」と「展望」を、みなさまに直接お届けできるまたとない機会です!

また、9月25日は、SDGsが5歳の誕生日を迎える日でもあります。SDGsの「誰一人取り残さない」という誓いを道しるべに、国連広報センターの根本かおる氏に、個人にできることや若者への期待を伺います。そしてプログラム後半の座談会では、気候変動による未来の人道危機を防ぐために何ができるかを、スピーカーの皆さまと具体的に考えていきます。

若者たちが呼びかける「Global Day of Climate Action」のこの日、たくさんの方々と一緒に学び・考えたいと思いますので、ぜひご友人やSNSにこのイベントをシェアしてください!みなさまのご参加をお待ちしています。

イベント詳細

日時 2020年09月25日(金) 18:30 ~ 20:00
場所 オンライン開催
内容 <スピーカー>※登壇順
根本 かおる氏(国連広報センター所長)
小西 雅子(WWFジャパン 専門ディレクター(環境・エネルギー))
いが☆グリオくん(伊賀市観光大使)
倉橋 功二郎氏(公益財団法人プラン・インターナショナル・ジャパン プログラム部)
吉田 拓氏(日本赤十字社 ルワンダ代表部首席代表)
こくぼ ひろし氏(進行・ファシリテーター)


<プログラム内容>
18:30~18:35  ごあいさつ、スピーカー紹介
18:35~18:50  根本 かおる氏「SDGsアクション・気候行動の文脈で、私たちにできること」
18:50~19:10  小西 雅子「温暖化の進んだ世界はどうなる?防ぐことはできるのか?」
        いが☆グリオくんが登場!気候危機で、私たちの暮らしはどうなるの?
19:10~19:25  倉橋 功二郎氏「自然災害がもたらす女の子への影響、フィールドで今起きていること」
19:25~19:40  吉田 拓氏「もっとも弱い立場に置かれた人々と、災害に立ち向かう」
19:40~19:55  座談会「変化の今を生きる、私たちにできること」
19:55~20:00  アンケートのお願い
定員 1,000名
お申込み・お問合せ 申し込みはこちら ※事前申込が必要です
備考 *個人情報について ご記入いただいた個人情報は、定員を超過した場合のお知らせ・参加者人数の把握・参加者の属性の把握・今後関連するお知らせをお送りするためにのみ使用いたします。ご記入は任意ですが、返信に必要な情報の記入がない場合はお送りできないことがございます。個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加または削除、利用停止、消去及び第三者提供停止などとお問い合わせは個人情報保護係(privacy@wwf.or.jp、Tel:03-3769-1719)にて承ります。 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン個人情報保護管理者(事務局長) ・上記についてご同意いただいた上で個人情報をご記入ください。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP