• イベント
  • 無料
  • WWF主催・登壇

シンポジウム・海洋プラスチックごみから海鳥を守ろう!

イベント|無料|森や海を守る

開催は終了いたしました

開催日時
2020年02月23日(日) 13:00 ~ 17:30

場所
法政大学 市ヶ谷キャンパス G201教室


私たちの暮らしのあらゆる場面で消費される、大量のプラスチック。こうしたプラスチックが海洋に流入し、深刻な海洋汚染を引き起こしています。海洋プラスチックは800種を超える生物に影響を与えており、毎年100万羽の海鳥、10万匹の海棲哺乳類、ウミガメや魚が、プラスチックの影響で命を落としています。プラスチックごみによる海洋汚染をくい止めるために、今、私たち一人ひとりが行動を変えていく必要があります。

イベント詳細

日時 2020年02月23日(日) 13:00 ~ 17:30
場所 法政大学 市ヶ谷キャンパス G201教室
アクセス https://www.hosei.ac.jp/access/ichigaya.html
内容 プログラム (開場12:30~)

第一部 海洋プラスチック問題の現状
基調講演
海洋プラスチック問題の危機的な状況
高田秀重〔東京農工大学農学部教授〕
講演
海洋プラスチックによる海鳥や海洋生物への被害~ミッドウェー環礁からの報告~
横山耕作〔OWS代表理事〕
講演
海鳥の生態からみたプラスチック汚染の影響
山本裕 〔(公財)日本野鳥の会 自然保護室チーフ〕

第二部 海洋プラスチック汚染をなくすために!
講演
国内河川のごみの現状と課題
伊藤浩子〔全国川ごみネットワーク事務局〕
講演
日本野鳥の会の活動現場での取り組み
森初恵〔(公財)日本野鳥の会 チーフレンジャー〕
講演
循環基本法や容リ法改正に向けての取り組み
中井八千代〔容器包装の3Rを進める全国ネットワーク運営委員長〕

講演
海洋プラスチック汚染をなくすために
三沢行弘〔(公財)世界自然保護基金プラスチック政策マネージャー〕
定員 200名
主催 (公財)日本野鳥の会、法政大学人間環境学部
お申込み・お問合せ 不要。直接会場にお越しください。
*会場へのペットボトルの持ち込みはご遠慮ください。
備考 お問い合わせ先
(公財)日本野鳥の会 自然保護室
電話:03-5436-2633 E-mail: hogo@wbsj.org
住所:〒141‐0031 東京都品川区西五反田3‐9‐23 丸和ビル

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP