WWF Japan

  • オススメ
  • イベント
  • 無料
  • WWF主催・登壇

気候危機には、1.5℃目標がトレンド~SBTイニシアティブも1.5℃にシフト~@東京

イベント|無料|地球温暖化を防ぐ

開催は終了いたしました

WWFジャパンの小西雅子と池原庸介が、1.5度をめぐる国際動向とSBTiの新基準について解説!

開催日時
2019年11月01日(金) 14:00 ~ 16:30

場所
航空会館 7F大ホール (東京都港区新橋1-18-1 航空会館)


世界の平均気温は、人間活動によって産業革命前からすでに約1度上昇しており、早ければ2030年頃には1.5度の上昇に達する見込みであることが、温暖化に関する最新の科学的知見を報告するIPCCの1.5度特別報告書(2018年10月発表)によって明示されました。気温の上昇を1.5度に抑えるためには、2030年までに温室効果ガスの排出量を45%削減、そして2050年までに正味ゼロにする必要があります。

こうした科学的知見を受け、COP24などの国際議論のベースは2度目標から1.5度目標へと急速にシフトしています。2019年9月にニューヨークで開催された国連気候行動サミットでは、77カ国が2050年までに温室効果ガス排出量を正味ゼロにすることを表明し、1.5度目標の流れが決定的となりました。

こうした国際背景において、企業にパリ協定と整合したレベルの削減目標の策定を求めるScience Based Targetsイニシアティブ(SBTi)も、2019年10月15日より新しい1.5度基準へと移行しました。現在の国際動向に照らすと、2度相当の目標では、もはや先進企業とは呼べなくなったのです。2度目標ではSBTiへの申請そのものが受け付けられなくなっただけでなく、すでにSBTiの承認を取得している企業に対しても、より高いレベルの目標へとアップデートすることが求められています。

これからSBTiへの目標申請を予定している企業だけでなく、承認を取得済みの企業にとっても、1.5度基準への対応は不可欠となります。

本セミナーでは、気候変動スペシャリストの小西雅子、そしてSBTiの発足当初より企業のSBT策定を支援している池原庸介の2人が、1.5度をめぐる国際動向とSBTiの新基準について、分かりやすく解説いたします。どうぞ奮ってご参加ください。

イベント詳細

日時 2019年11月01日(金) 14:00 ~ 16:30
場所 航空会館 7F大ホール (東京都港区新橋1-18-1 航空会館)
アクセス 都営三田線 内幸町駅 徒歩1分 他
地図はこちら
内容 13:30~     受付開始
14:00~14:30  1.5度をめぐる国際動向とパリ協定[30分] WWFジャパン 小西雅子
14:30~15:30  SBTの1.5度新基準と最新動向[60分] WWFジャパン 池原庸介
15:30~16:30  質疑応答[60分]
定員 150名
※お申込超過の場合、企業関係者を優先させていただくことがございます。
主催 WWFジャパン
お申込み・お問合せ メールタイトルを「11月1日セミナー申込み」とし、
[1]お名前(おふりがな)、[2]ご所属、[3]ご連絡先(E-mailアドレスまたはFAX番号)を添えて、
climatechange@wwf.or.jp 宛に、お申込ください。
申込締切 10月31日(木)18:00まで
備考 *個人情報について
ご記入いただいた個人情報は、定員を超過した場合のお知らせ・参加者人数の把握・参加者の属性の把握・今後関連するお知らせをお送りするためにのみ使用いたします。ご記入は任意ですが、返信に必要な情報の記入がない場合は対応できないことがございます。個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加または削除、利用停止、消去及び第三者提供停止などとお問い合わせは個人情報保護係(privacy@wwf.or.jp、Tel:03-3769-1719)にて承ります。
公益財団法人世界自然保護基金ジャパン個人情報保護管理者(事務局長)
・上記についてご同意いただいた上で個人情報をご記入ください。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP