広告スペースのご提供による支援


自社媒体の雑誌面や広告スペースをWWFにご提供いただき、その場で環境問題やWWFの取り組みを「知らせる」形で、活動にご協力いただく ご支援です。定期的なスペースの提供から、単発でのご支援まで、広く機会を募っております。ぜひご協力をお願いいたします。

これまでの実践事例より

広告スペースを利用したご協力

媒体名 東京新聞
協力企業 中日新聞社
期間 2016年2月22日
内容 2月22日の猫の日にあわせて、朝刊の15段を2ページいただき、ネコ科動物の危機を知らせる広告を掲載いただきました。
媒体名 ポスター制作協力と駅での掲示
協力企業 株式会社 エヌ・ティ・ティ・アド
期間 2009年3月23日~4月5日
内容 首都圏数箇所の駅の通路の壁面にWWFのポスター広告を大きく掲示いただきました。この広告は、制作から掲載スペース の確保まで、全面協力により実現したもので、カメラマンやクリエイターの皆さまにもボランタリーでご協力いただきました。

雑誌広告でのご協力

媒体名 CLIM「クリム」
協力企業 生活共同組合連合会コープ九州事業連合
内容 月刊(毎号)、見開き/カラー
媒体名 月刊ダイバー
協力企業 ダイバー株式会社
内容 月刊(毎号)、1ページ/モノクロ
媒体名 ガイアメール
協力企業 株式会社メノガイア
内容 季刊、会員向け、1ページ/カラー
媒体名 百楽
協力企業 百楽出版 株式会社ファンケル
内容 2012年2、3、4月号に掲載(月刊)、1ページ/カラー

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP