銀座 ソニービルにて「第49回愛の泉」チャリティイベント開催中!


2016年12月1日(木)~2017年1月9日(月)まで、東京銀座のソニービルで「第49回愛の泉」が開催されています。

これは、ソニーグループ22社2財団によるチャリティ・プログラムとして毎年開催されているもので、集めた募金は、WWFジャパンの「スマトラ島森林保全プロジェクト」と地球温暖化防止の活動へのご支援としていただいています。

期間中、ビル1F のエントランスホールには、募金をしていただくとスマトラ島の野生動物たち、スマトラゾウやスマトラサイ、スマトラトラなどがモニターに登場する、特製の募金箱が設置され、映像を楽しみながらご暖化防止のためにできるアクションを考えました。

前年に引き続き、活動へのご支援を呼びかけていただいた、このチャリティイベント。

年明けの1月9日まで行なわれます。ぜひご参加下さい。

 

 

関連サイト

2017年1月9日(月・祝)まで、上記ソニービル公式Facebookで、「シェア募金対象記事」を「シェア」していただくと、ソニービルを運営するソニー企業株式会社より、1シェアにつき10円が「愛の泉」に募金されます。

スマトラの動物たちが登場する募金箱

スタッフのトークイベント。ご参加くださった方には、コパンダからプレゼントも!

6Fでの触れる地球の展示。(*こちらは2017年3月末まで実施しています)

参加いただける募金活動の呼びかけが行なわれているほか、6Fでは地球環境のさまざまな今の姿を体験できる「触れる地球」の展示を実施。ご来場くださった方からお寄せいただいた、地球の未来のために「私がやること」のメッセージも掲示しています。

12月3日と12月10日には、WWFジャパンによるトークイベントも開催され、WWFのスタッフから直接、森林保全や温暖化防止の取り組みの現場の声をお届けしながら、ご参加くださった皆さまとご一緒に、スマトラの森や温

コパンダによるチャリティー撮影会。ソニービルの社員の皆さんにもご協力をいただき、たくさんの方がご参加くださいました。

この記事をシェアする

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP