目撃者の証言:温暖化が変える川の環境


Loading...
Loading...

北アメリカ(アメリカ):ヴァン・ビーチャムさん

アメリカのニューメキシコに住むヴァン・ビーチャムさんが釣りを始めたのは6歳の時のこと。コロラド州やワイオミング州などアメリカ西部の河川で、20年以上にわたり、フライフィッシングのガイドとして生活しています。ビーチャムさんはこの何年もの間、地球温暖化が川の自然や魚に及ぼしているさまざまな影響を目撃してきました。

アメリカ西部ニューメキシコの渓流からの証言

私の名前はヴァン・ビーチャムといいます。49歳で、ニューメキシコ州北部に住んでいます。私の家はフライフィッシングの釣り師の家で、私で4代目です。
私は6歳から釣りを始め、22歳からはアメリカ西部の全域で、フィッシングツアーのガイドを続けてきました。とりわけ、コロラド州南部とワイオミング州南西部では、プロとして、フライフィッシングのガイドを勤めています。

ヴァン・ビーチャムさん
(C) WWF USA

10年間の気温上昇

私は、温暖化が河川の水系や魚に与えている影響を、数多く目撃してきました。

私が子どもの頃、ニューメキシコの北部には、他の地域よりも平均的に多くの雪が積もりました。気温も、もっと低かったことを憶えています。1970年頃から1990年代初頭まで、冬の間ずっと、あたり一面は雪に閉ざされていました。今とは違って、1月に気温が15度を超えるような日はありませんでした。

乾燥と降雨の変化には、もちろん自然に起きるものもあります。しかし、この約10年の間に起きている、著しい気温の上昇は、気温が過去にないほどの変化です。例えば、ニューメキシコ州アルバカーキ市の周辺では、冬が1カ月も短くなりました。これは、初霜が降りてから、最後に霜が降りるまでの期間が、1カ月短くなったことを意味しています。

ロッキー山脈の西部と最北部では、さらなる変化も起こっています。標高1500メートルから2100メートル以上になる高地では、気温が2度から5度、ときには12度も、平均気温より高くなる日があります。

渓流でマスを釣り上げたビーチャムさん。川の環境が変わっていることを、身体で感じているといいます。
(C) WWF USA

早まる雪解け

また、雪は降るはずの時期に降らなくなりました。
これは、ここ8年から10年の間に起きていることで、状況はますます悪化しています。
最近大雪が降りましたが、平均をほんの少し上回るぐらいの量でした。しかも、とても暖かい気候だったため、雪が普通よりも早く溶けて流れ出し、6、7月までには無くなってしまいました。
急激な雪解けによって、河川は激しく荒れます。そして、恐ろしいほどの勢いで流れた後、初夏まで水は著しく少なくなります。水量の少ない小川の中には、完全に干上がってしまうものもあります。

この原因は、自然の乾期のサイクルによって説明ができる場会もあるでしょう。また、開発により環境に負荷がかかり続けている地域もあります。しかし、私の家が釣り師を4世代続けてきた間に、川が完全に干上がってしまったことなど一度もなかったという事実は、どう説明すればよいのでしょうか?
現在、私たちが経験している気温の上昇に目を向け、干ばつ、開発、そして地球温暖化が、どのように相互作用を起こしているか、認識する必要があると思います。

魚への影響

水位の低下と気温上昇が同時に起こると、魚は大きな影響を受けます。
例えば、水温が高すぎると産卵しないため、産卵期が変化してきています。水生昆虫が孵化する時期も変化するため、それを食物としている天然のマスにも大きな影響が及びます。

以前は真夏にフライフィッシングに出かけたものでした。繁忙期は7月から8月。しかし今では、魚たちは暑さで元気がなく、食物も食べようとしません。中にはあまりのストレスで死んでしまう魚もいます。水温が21度以上になると、これらの川の魚は死んでしまうのです。モンタナ州のある釣り場はここ数年、7月と8月は閉鎖しています。

また、暖かくなるにつれ、浅い場所に発生する藻類や、増加する堆積物、繁茂する水草などが、川の中で増え続けるのも目撃してきました。このような生息環境の変化は、特にマスのような魚にとっては害となります。
私が釣りをするいくつかの川の中で、水位が他より低い川では、ブラウントラウト(カワマス)しか見かけなくなりました。また、別の変化も起きています。ある地域では、冷たい水を好むマスがいなくなり、マスよりも高い水温に強いコクチバスがその場所にすむようになったのです。

因果関係

水位の低下と水温の上昇は、マスを釣る人にとって二重の打撃となります。
私は、フィッシングツアーのガイドとして、案内する場所を変えなくてはなりませんでした。標高の高い場所かダムの下方にある個人所有の水場を借りることを思いつき、そのおかげで、十分なマス釣りの期間を確保することができました。それでも私は、夏場はほとんど釣りに行くことがありません。逆に冬場の釣りに人気が出てきていますが、釣りに関する商売全体としては、過去5年間、落ち込んでいます。

また、ブラックバス釣りは、案内しても釣り人たちはお金を払ってくれません。ブラックバスは、国内の多くの湖や貯水池で釣ることができるからです。渓流のような場所に、人々を惹きつけることができるのは、天然マスのフライフィッシングなのです。

私は時に、訪れた客の人々があまり聞きたくないような話もしています。なぜ魚が釣れなくなった地域があるのか。その原因について率直に話すことが、私の義務だと感じているからです。私は、私たち自身が、部分的に地球温暖化の責任を負っている、ということを話します。それを聞いてショックを受ける人もいます。以前は、自分たちが気候の変化に関与しているとは、信じていない人がたくさんいました。しかし今では、人々は、人と地球温暖化の関係についての大きなつながりに、目を向け始めています。

WWFインターナショナル/ホームページ掲載日:2007年4月10日
Climate Witness: Van Beacham, New Mexico, USA

科学的根拠

パトリック・ムルホランド博士(Patrick Mulholland)、アメリカ、オークリッジ国立研究所環境科学課(Environmental Science Division, Oak Ridge National Laboratory, USA)
ビーチャムさんが目撃したことの多くは、過去数十年間にわたり科学者による観察や、科学文献で報告された測定結果と一致しています。しかもこれらは、地球規模の気候モデルをもとにしたアメリカ西部の将来の気候変化の予測とも一致しています。特に、冬の気温上昇と春の雪解けが早まることの両方で、ロッキー山脈地方で夏の河川の基底流出が少なくなることが予測されています。
バーネット氏他共著(Barnett and others)による、一流科学雑誌「サイエンス(Science)」(2008年2月22日号)の論文には、過去数十年間のアメリカ西部で起こったこのような気候と水理学的な変化が多く記録され、これらが人間の行為に起因する気候変動の影響であることがほぼ間違いないと示されています。また、この地方で気候変動が継続することによって、深刻な水不足が生じることを予測しています。ビーチャムさんが述べている夏の水温上昇と水理学的変化とが、魚の生息数に悪影響を与えるであろう、と予測する研究が他にもあります。
夏期に魚が釣れないというビーチャムさんの話はこれらの予測と一致しますが、この現象がすでに起きているという決定的な研究はまだなされていません。彼の観察にある、より顕著な藻類の異常発生も予想される気候変化の影響と一致しています。雑誌「サイエンス」(2008年4月4日号)のパールとヒュースマン(Paerl H.W. and J.Huisman)による最新の論文では、有害な藻類は多くの河川や河口の低水位で高水温の場所を好み、人間が起因すると考えられる気候変化によって頻繁に発生する可能性があるとされています。

  • Barnett, T. P. and 11 co-authors. 2008. Human-induced changes in the hydrology of the western United States. Science 319:1080-1082. Paerl, H. W. and J. Huisman. 2008. Blooms like it hot. Science 320:57-58
  • 全ての記事は「温暖化の目撃者・科学的根拠諮問委員会」の科学者によって審査されています。

全ての記事は「温暖化の目撃者・科学的根拠諮問委員会」の科学者によって審査されています。

周辺の地図

Loading...
Loading...
あなたの支援で、できること。たとえば… 地球温暖化を防ぐ WWF会員が25人集まれば、WWFの専門家チームが国際会議の場へ出向き、各国の代表に働きかけることができます。 「あなたの支援でできること」を見る

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは世界約100か国で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP