WWFの活動
野生生物を守る

概要野生生物とWWF

野生生物は、この星の自然環境そのものです。人間が森林を乱伐したり、海を汚染したり、二酸化炭素を大量放出して地球温暖化を進めたりすると、野生生物は姿を消していきます。野生生物を絶滅から救うことで、広い地球の環境保全をめざす。WWFではそんな活動を目指しています。

活動トピック

ニホンウナギの資源保護をめぐる国際会議閉幕

2014/9/18持続可能な漁業の推進

ニホンウナギの資源保護をめぐる国際会議閉幕

東京で開催されていた「ウナギの国際的資源保護・管理に係る第7回非公式協議」が閉幕しました。この結果、乱獲により資源の枯渇...続きを読む

地球の「使い過ぎ」注意報!8月19日は「アース・オーバーシュート・デー」

2014/8/19生物多様性の保全

地球の「使い過ぎ」注意報!8月19日は「アース・オーバーシュート・デー」

国際シンクタンクの「グローバル・フットプリント・ネットワーク」は、8月19日が、2014年の「アース・オーバーシュート・...続きを読む

スタッフブログ該当記事

2014/9/15

台風ニモ負ケズ!クマ用ドラム缶檻、改良中

この写真に見覚えがあるでしょうか?そう、昨年9月に四国山地の剣山系で撮影された「ゴンタ」のお尻です。 「ゴンタ」はある...続きを読む

2014/9/13

スマトラ島の森から仔ゾウのトミィの近況が届きました!

森林担当の川江です。 みなさんは、仔ゾウのトミィを覚えてくださっていますでしょうか? 私が担当しているインドネシア・ス...続きを読む

野生生物の危機は環境の危機

現在、絶滅の危機にさらされている野生生物が、世界に一体どれくらいいるのか、ご存知でしょうか?

IUCN(国際自然保護連合)が発表している、「絶滅の危機にある種のリスト(通称レッドリスト)」には、絶滅のおそれの高いとされる種が、動物だけで1万種以上掲載されています。

誰もが知っている、アフリカゾウやクロサイ、トラ、そしてジャイアントパンダといった動物も、もちろんこの中に含まれており、中には21世紀中には絶滅してしまうだろう、と言われている種も少なくありません。

今から半世紀前、WWFが設立された最初のきっかけは、急激な減少を見せていたアフリカの野生生物を保護する活動を行うためでした。なぜ、野生生物を絶滅から守るのか。それは、単に動物がいなくなってしまうからとか、かわいいから、といった理由ではありません。

野生生物は、この星の自然環境そのものです。人間が森林を乱伐したり、海を汚染したり、二酸化炭素を大量放出して地球温暖化を進めたりすると、野生生物は姿を消していきます。時には絶滅してしまうこともありますし、実際に絶滅してしまった例も多くあります。

これは、私たち人間の生活にとっても欠かすことのできない地球の自然が、少しずつ、しかし、確実に失われている証拠なのです。

野生生物を絶滅から救うことで、広い地球の環境保全をめざす。WWFではそんな活動を目指しています。

WWFの野生生物保護

主要な野生生物の保護活動を成功に導くことは、その種と共生する何千ものあまり知られていない動植物だけでなく、これらの種やその生息域に依存した生活を送る人間社会にも恩恵を与えることにつながります。

WWFは設立以来半世紀以上にわたってこのような取り組みを続け、どうすれば生物多様性に負担をかけることなく開発を行うことができるかという具体的な例を追求し、持続可能な開発における確かな実績を残してきました。

持続可能な開発を妨げる主な問題は2つあります。
一つは、違法で持続不可能な、あるいは規制されていない野生生物の取引。もう一つは、生息域の喪失です。

これらの脅威への取り組みが、WWFの野生生物種保全プログラムの活動の大きな柱となっています。
また、野生生物保護に関する専門的な知見が集まる国際的に活動を展開する組織として、WWFの評価を高めていくことも、このプログラムの目標の一つです。

WWFの活動

生物多様性の保全

「生物多様性(Biological Diversity)」とは、簡単に言うと、地球上の生物が、バラエティに富んでいること...つまり、複雑で多様な生態系そのものを示す言葉です。WWFは、生物多様性の保全を目指した自然保護プロジェクトを、世界各地で展開しています。

希少な野生生物の保護

今、世界では数多くの野生生物が、開発や人が持ち込んだ外来生物、乱獲、地球温暖化などにより、絶滅の危機に瀕しています。IUCN(国際自然保護連合)がまとめた、「レッドリスト」には、絶滅のおそれの高い種として、1万6,000種あまりの動植物ががリストアップされています。

野生生物の違法取引対策

WWFは、地球の生物多様性を保全するため、生物の過剰な利用や乱獲、またそれを助長する密輸などの調査やパトロール活動を支援し、取引規制についての提言を行なうことで、野生生物の保護活動に取り組んでいます。

こんな問題が起きています