スマートフォン版はこちら

WWFの活動

世界の自然を守るWWF4つのテーマ

WWFが目指すのは、人間が自然と調和して生きることができる未来を築くことです。そのゴールに向かって、科学的な知見に基づき、次の4つの活動テーマを柱に活動をしています。

地球温暖化の防止に向けて世界が消灯リレー 『アースアワー2015』に172か国が参加

2015/3/29Earth Hour(アースアワー)

地球温暖化の防止に向けて世界が消灯リレー 『アースアワー2015』に172か国が参加

2015年3月28日、『アースアワー(Earth Hour)』が地球をぐるりと一周しました。午後8時30分から9時30分までの1時間、照明を消すことにより、「地....続きを読む

黄海の保全成果を政策決定の場へ

2015/3/24黄海エコリージョン

黄海の保全成果を政策決定の場へ

2015年3月、中国の全国人民代表大会(日本の国会に相当)と並行して開幕された全国政治協商会議(国政の助言機関)で、干潟の減少が続く中国沿岸の現状が、いくつも指....続きを読む

熱帯林保全に向けたAPRIL社の誓約 またも実現されず

2015/3/20森林保全と紙利用

熱帯林保全に向けたAPRIL社の誓約 またも実現されず

インドネシアのスマトラ島を中心に自然の熱帯林を破壊し、紙の生産を行なってきたAPRIL社の原料調達のあり方は、多くの環境・社会問題に取り組んできたNGOや、国際....続きを読む

環境分野で横浜市との連携協定を締結

2015/3/19生物多様性の保全

環境分野で横浜市との連携協定を締結

2015年3月19日、WWFジャパンは横浜市と環境分野において連携協定を締結しました。この協定は、温暖化対策や生物多様性の保全、循環型社会の構築等、環境分野での....続きを読む

160機のカメラを設置!サイやトラの保護に向けた調査活動

2015/3/18インドネシアの森林保全

160機のカメラを設置!サイやトラの保護に向けた調査活動

インドネシア・スマトラ島にあるブキ・バリサン・セラタン国立公園の熱帯林に、WWFインドネシアと国立公園当局は、2013年11月から現在までに、約160機の自動カ....続きを読む

絶滅寸前の四国のツキノワグマ 仔グマの順調な成長を確認

2015/3/17日本のクマについて

絶滅寸前の四国のツキノワグマ 仔グマの順調な成長を確認

WWFジャパンと認定NPO法人四国自然史科学研究センターは、四国の剣山山系で実施しているツキノワグマ調査によって、2013年冬期に生まれた仔グマが親離れをし、1....続きを読む