スマートフォン版はこちら

WWFの活動

世界の自然を守るWWF4つのテーマ

WWFが目指すのは、人間が自然と調和して生きることができる未来を築くことです。そのゴールに向かって、科学的な知見に基づき、次の4つの活動テーマを柱に活動をしています。

ICCAT会合閉幕 地中海クロマグロの漁獲量増枠に懸念

2014/11/21マグロについて

ICCAT会合閉幕 地中海クロマグロの漁獲量増枠に懸念

イタリアで開催されていた第19回ICCAT(大西洋まぐろ類保存国際員会)年次会合が2014年11月17日に終了しました。今回の会合では、大西洋クロマグロ資源に近....続きを読む

進行中!クマとの共存めざす島根県のモデル柿園

2014/11/19日本のクマについて

進行中!クマとの共存めざす島根県のモデル柿園

WWFジャパンと島根県では、ツキノワグマとの共存をめざしたプロジェクトを展開しています。島根県西部に位置する田橋町と横山町は、柿の栽培が盛んな地域ですが、近年で....続きを読む

九州電力管内での自然エネルギー大幅導入は可能

2014/11/12「脱炭素社会」に向けたエネルギーシナリオ

九州電力管内での自然エネルギー大幅導入は可能

九州電力を含む電力各社の再生可能エネルギー接続保留問題。この問題をめぐり今、日本の電力系統システムがクローズアップされています。果たして電力各社の言うとおり、既....続きを読む

生物多様性条約会議(CBD・COP12)に関するWWFの声明

2014/11/11生物多様性条約

生物多様性条約会議(CBD・COP12)に関するWWFの声明

2014年10月6日から17日まで、韓国・平昌で「生物多様性条約」の第12回締約国会議(CBD・COP12)が開催されました。162の締約国と市民団体の関係者な....続きを読む

太平洋クロマグロの運命が決まる?混迷のIATTC会合

2014/10/24マグロについて

太平洋クロマグロの運命が決まる?混迷のIATTC会合

東部太平洋のマグロの資源管理にについて話し合うIATTC(全米熱帯マグロ類委員会)の臨時会合が、2014年10月26日、アメリカのカリフォルニア州ラホヤで始まり....続きを読む

「2015年合意」に向け交渉は進むか 国連気候変動ボン会議(ADP2.6)始まる

2014/10/19国連気候変動会議

「2015年合意」に向け交渉は進むか 国連気候変動ボン会議(ADP2.6)始まる

2014年10月20~25日、ドイツのボンで国連の気候変動会議が開催されます。これは、2015年12月の合意を目指して進められている、地球温暖化を防ぐための20....続きを読む