スマートフォン版はこちら

WWFの活動

世界の自然を守るWWF4つのテーマ

WWFが目指すのは、人間が自然と調和して生きることができる未来を築くことです。そのゴールに向かって、科学的な知見に基づき、次の4つの活動テーマを柱に活動をしています。

極東ロシアでアムールヒョウの個体数増加を確認!

2015/3/03極東ロシアの森林保全

極東ロシアでアムールヒョウの個体数増加を確認!

極東ロシアの沿海地方南部にある「ヒョウの森国立公園」で、2014年2月~4月に実施された調査により、57頭のアムールヒョウが確認されました。この国立公園は、現在....続きを読む

気候変動対策No.1の自動車メーカーは?「企業の温暖化対策ランキング」第二弾発表

2015/2/24企業との地球温暖化防止

気候変動対策No.1の自動車メーカーは?「企業の温暖化対策ランキング」第二弾発表

猛暑や豪雨、台風の大型化... 今、世界中で気候変動にともなうと考えられる異常気象が深刻な問題になっています。日本政府は、2030年に向けた温室効果ガスの削減目....続きを読む

シベリアトラの骨の違法取引に厳罰を

2015/2/23トラについて

シベリアトラの骨の違法取引に厳罰を

2014年10月、極東ロシアの沿海地方でシベリアトラの違法取引が発覚。犯人が逮捕されました。この違法取引で押収されたトラの骨などの量は、ここ数年で最大の規模であ....続きを読む

キバウミニナを探せ!市民参加による「名蔵アンパル」の調査支援

2015/2/20サンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」

キバウミニナを探せ!市民参加による「名蔵アンパル」の調査支援

沖縄県石垣島のWWFサンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」では、島の西部にある干潟で、国際的にもその重要性が認められている「名蔵アンパル」で、地元の自然保護....続きを読む

APP社の「森林保護方針」実施状況の評価報告書が発表

2015/2/18APP関連問題

APP社の「森林保護方針」実施状況の評価報告書が発表

インドネシアの貴重な熱帯林を大規模に破壊してきたことで、多くの批判を浴びてきた製紙メーカー、APP社。このAPP社が、2013年2月に新たな「森林保護方針」を発....続きを読む

「2015年パリ合意」に向けて ペルー・リマ会議(COP20)報告会を実施

2015/2/16国連気候変動会議

「2015年パリ合意」に向けて ペルー・リマ会議(COP20)報告会を実施

2015年1月21日、WWFジャパンは地球温暖化問題に取り組む他のNGOと共にCOP20/CMP10報告会「リマ会議報告会 ~2015年パリ合意への道~」を開催....続きを読む