スマートフォン版はこちら

WWFの活動

世界の自然を守るWWF4つのテーマ

WWFが目指すのは、人間が自然と調和して生きることができる未来を築くことです。そのゴールに向かって、科学的な知見に基づき、次の4つの活動テーマを柱に活動をしています。

【シリーズ】改正!種の保存法(3)象牙、そして海外の野生生物をめぐる課題

2017/4/19生物多様性の保全

【シリーズ】改正!種の保存法(3)象牙、そして海外の野生生物をめぐる課題

希少な野生生物を守る日本の法律「種(しゅ)の保存法(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)」。その対象には、日本に生息する野生生物だけでなく、日本....続きを読む

過去最多187の国と地域が参加、『EARTH HOUR 2017』開催報告

2017/4/07EARTH HOUR(アースアワー)

過去最多187の国と地域が参加、『EARTH HOUR 2017』開催報告

2017年3月25日(土)、EARTH HOUR(アースアワー)の消灯リレーが世界をぐるりと1周しました。世界中の人々が、「美しい地球を残したい!」、「地球環境....続きを読む

【シリーズ】改正!種の保存法(2)問い直される動物園・水族館をめぐる新制度

2017/4/05生物多様性の保全

【シリーズ】改正!種の保存法(2)問い直される動物園・水族館をめぐる新制度

日本に生息する、また日本がかかわっている希少な野生生物を守る法律「種の保存法(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)」。2017年2月、環境省によ....続きを読む

WWF、南極大陸で新種、ナンキョクグマを発見

2017/4/01国際的な地球温暖化防止

WWF、南極大陸で新種、ナンキョクグマを発見

2017年4月1日、WWF(世界自然保護基金)は、南極大陸に生息する新種のクマを発見したと発表しました。これは2016年9月、WWFジャパンが支援する南極海周辺....続きを読む

【シリーズ】改正!種の保存法(1)生物の捕獲・採取をめぐって

2017/3/28生物多様性の保全

【シリーズ】改正!種の保存法(1)生物の捕獲・採取をめぐって

国内の希少な野生生物、そして日本がかかわる国際的な絶滅危機種を保全する法律の一つ、「種の保存法(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)」。その改正....続きを読む

78%の再生可能エネルギーを運用して見せた日本の技術力

2017/3/03脱原発と大幅な省エネ・節電で、再生可能エネルギー100%の安全な未来を!

78%の再生可能エネルギーを運用して見せた日本の技術力

地球温暖化を防ぐ上で欠かせない、太陽光や風力といった、再生可能な自然エネルギーの拡大。日本でも2012年7月の固定価格買い取り制度開始以降、太陽光発電を中心とす....続きを読む