ページ内を移動するためのリンクです。

WWFについて

WWFジャパンについて

WWFジャパンについて

世界に広がるWWFの国際的なネットワーク。
その一翼を担うWWFジャパンは、1971年、世界で16番目のWWFとして東京で設立されました。

目標と役割

WWFジャパンは、自然の中に人間が存在するという自然観を取り入れ、日本国内および日本が関係している国際的な問題に取り組みます。

WWFジャパン 団体概要

名称 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(WWFジャパン)
設立 1971年(昭和46年)9月22日
名誉総裁 秋篠宮文仁親王殿下
代表者 会長:德川恒孝
所在地 WWF ジャパン東京事務所
東京都港区芝 3-1-14 日本生命赤羽橋ビル 6F
WWF サンゴ礁保護研究センター「しらほサンゴ村」
沖縄県石垣市字白保 118
職員数 職員 69名(2011年8月31日現在)
事業内容
  1. 生物多様性の保全及び人類による自然環境への負荷の軽減のための活動、 調査研究、政策提言及び環境保全思想の普及
  2. 世界自然保護基金国際事務局(WWFインターナショナル)への協力並びに関係諸団体との連携
  3. その他この法人の目的達成上必要な事業
基本財産 11億1,698万8,656円
(2012年6月30日現在)
サポーター数 個人サポーター 約42,000人 法人サポーター 約300社
事業年度 毎年7月1日から翌年6月30日まで

WWFジャパン事務局組織図

会長 副会長 事務局長 自然保護室:国内における自然保護活動ならびにWWFネットワークの一員として、国外および国際的自然保護活動にかかわる、調査研究・政策提言・普及啓発・受託事業・助成等の業務を行なう。 サポーター事業室:資金調達(会費・寄付・募金・補助金・収益事業等)ならびに支援者(サポーター)にかかわる業務 広報室:自然保護活動の成果と自然保護思想の普及にかかわる業務およびWWFの認知・理解の向上を目的とした広報・広告にかかわる業務 企画調整室:名誉総裁・役員・理事・評議員・監事・定款上の顧問・各種委員会にかかわる業務ならびに総務・法務・庶務、経理・財務、人事・労務(組合に関する事項を含む。)、予算編成・予算管理・監査に係わる業務、事業計画策定・事業監督に係わる業務および事務局長の補佐・補助業務