スマートフォン版はこちら
命の海の、命が危ない

最近の記事

RSS

こんにちは。森林担当の古澤です。 先日「つながっている 私たちと世界」をテーマにした中高生向けのワークショップ「キリン・スクール・チャレンジ」に講師として参加してきました。 これは「森を守るマーク」としてWWFが普及を推進している森林認証制度、FSCの認証紙を容器包装に使った飲料、キリン・トロピカーナを事例に、身近にある飲み物と世界のつながりを参加者に講義形式で伝え、そこから得られた情報をインスタグラムで発信するというものです。 WWFからは世界の森林資源や、FSCの意味などについて紹介。 次に飲料を生産しているキリン株式会社からは持続可能な調達に関する取り組み、商品開発に込めた思い、商品が出来るまでのストーリーなどについてお話がありました。 さて、難しかったのはここからです! 参加した皆さんは「トロピカーナ...続きを読む

カテゴリ: 古澤

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日7月29日は、何の日でしょう! 世界的に絶滅が心配されている、ある動物の保護をよびかける日です。 そんな日にご紹介したい動画の題名は、「I Am Not a Rug:わたしは絨毯ではない」 ヒントは、動画中に出てくるメッセージです。 「過去100年間で、97%が殺されました」 「毛皮や骨をとるために、殺されました」 答えは、こちらの動画から。 薄暗い部...続きを読む

カテゴリ: 松岡 , 生きもの小ネタ

皆さん、こんにちは。温暖化問題担当の池原です。 私たちは今、企業が取り組む温暖化対策を調査し、その内容を評価してランキング(順位付け)を発表するプロジェクトを行なっています。 情報の源になっているのは、各社が公開している環境報告書類。 自社の取り組みを発信し、投資家など外部からの評価を正しく得る上で、重要な情報群です。 プロジェクトではすでに、電気機器、輸...続きを読む

カテゴリ: 池原

暑い夏がやってくるとともに、「土用の丑の日」が近づいてきました。 土用の丑といえばウナギ。 今年は、ウナギの味に似た近畿大学発のナマズのかば焼きも話題になっていますが、ウナギ消費のほとんどは、今も夏の土用の丑の日あたりに集中するそうです。 ウナギはIUCNのレッドリストでも、環境省のレッドリストでも絶滅危惧種に指定されていますので、ウナギの需要をナマズに移...続きを読む

カテゴリ: 白石

沖縄の石垣島・白保より、「しらほサンゴ村」の鈴木です。 先日、はるばる香港から賑やかなご一行が来館されました。 香港YMCAの高校生、大学生、合わせて20名の皆さんです。 私たちの「しらほサンゴ村」が今取り組んでいる活動や、サンゴ礁の保全についての話を聞きに来てくれました。 レクチャーは通訳を入れて30分程度でしたが、そこからの質疑応答がとても活発でした!...続きを読む

カテゴリ: お客さま , しらほサンゴ村 , 鈴木

久しく手掛けてきた新著「地球温暖化は解決できるのか? ~パリ協定から未来へ~」が、岩波ジュニア新書から、7月20日発売になりました! これは非常に複雑化している地球温暖化とエネルギーを巡る全体像を、一冊で「わかった!」という気分になれる本です♪ また、「パリ協定」に関する本ではおそらく初めての出版です。 「地球温暖化の科学」から、「対策を巡る国際交渉」、「...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 小西

C&M室の小田です。本日、トヨタ自動車株式会社と私たちは、5年間のパートナーシップを開始する記者発表会を東京と名古屋で開きました。 これは、WWFと企業の国際的な環境パートナーシップで、自然保護プロジェクトへの支援に加え、企業活動による環境負荷の低減や、社会に向けた発信でも協働していきます。 最大の特色は、地球温暖化の防止と生物多様性の保全、その両...続きを読む

カテゴリ: ご支援あれこれ , 小田

自然保護室の前川です。7月18日は「海の恩恵に感謝し、海洋国家の繁栄を祝う」海の日。そこで今日は、海の環境と漁業についてのクイズを出したいと思います。 Q1 世界で最も漁獲量が多い国はどこ? 1)日本2)中国3)アメリカ Q2 世界で最も漁獲されている魚は? 1)ビンナガマグロ2)ペルーカタクチイワシ3)スケトウダラ Q3 この世界地図は何の大小を表している...続きを読む

カテゴリ: 前川

こんにちは、温暖化担当の下元です。 WWF温暖化の目撃者の一人として、北海道の冬の自然が変わりつつあることを報告してくれたカメラマンの伊藤健次さんが、誰も知らない北海道の幻想的な自然を写した本を出されたので、さっそく読んでみました。 表紙を見ただけで、未知の世界へ連れて行かれる予感がしました。 ページを開くと、著者の率直な文章と、北海道の原野の生き物たちの...続きを読む

カテゴリ: 下元

先日、IUCN(国際自然保護連合)主催の勉強会に参加して来ました。 この勉強会の目的は、大きな節目である2020年を前に、自然保護の歴史を振り返ろうというもの。 省庁、企業、団体などさまざまな立場の意見を伺うことができました。 特に印象深かったのは、そうした活動の中で「やっとNGOがモノを言える時代になってきた」ということです。 一度日本で絶滅し、野生への...続きを読む

カテゴリ: 松岡

こんにちは、広報担当の山本です。今朝、テニスの四大国際大会の一つであるウィンブルドン選手権で、イギリスのアンディ・マレー選手が、3年ぶり2度目の優勝を果たしたというニュースが飛び込んできました。 幼少のころから自然や動物と親しむ機会が多くあったというマレー選手は、2014年9月にWWF大使に就任。 とりわけ、絶滅が心配されるトラの保全に高い関心を持ち、重要...続きを読む

カテゴリ: ご支援あれこれ , 山本

温暖化・エネルギー担当の山岸です。 今週末、7月10日は参議院議員選挙です。 世間では「選挙権年齢が18歳以上となって初の選挙」ということが話題になっていますが、実は「パリ協定」が採択されて以降、初の国政選挙(補欠選挙を除く)でもあります。 パリ協定という歴史的な国際合意を経ても、日本国内での温暖化対策の議論は今一つ盛り上がっていません。 そこで、私たちは...続きを読む

カテゴリ: エネルギー関連 , 山岸

広報担当の大倉です。IUCN(国際自然保護連合)が先日、絶滅の危機にある世界の野生生物のリスト「レッドリスト」を更新しました。 新聞各紙も「スッポンが絶滅危惧種になった」という見出しで、一斉にこのことを報じています。 食用のスッポンは養殖が大半なので、食への影響はないと書いている新聞もありますが、生息地の減少などの影響を受けている野生のニホンスッポンは、今...続きを読む

カテゴリ: 大倉 , 生きもの小ネタ

パンダショップの池田です。私たちWWFジャパンの年度の切り替えは7月の1日。明後日から新しい1年がスタートします。 7月からは、事務局内の部署もいろいろと新しくなり、机の移動などもあるので、今日はマスクを二重にかけて、ショップでも大掃除をやりました。 棚の中からは、昔、ショップで売っていた懐かしい品々の見本や、販売を検討しながらも実現しなかった幻の商品のサ...続きを読む

カテゴリ: パンダショップ , 事務局にて , 池田

草刈です。昨日京都府の職員の方が、私たちの事務局を来訪されました。 現在、京都府と亀岡市が推進している「京都スタジアム(仮称)」建設計画について、面会の要請をいただいたのです。 この計画は、日本固有の淡水魚で絶滅危機種でもあるアユモドキの生息域で進められようとしています。 そのため、計画の諮問機関である環境保全専門家会議や、日本魚類学界、WWFなど多くの自...続きを読む

カテゴリ: 生きもの小ネタ , 草刈

カテゴリ

アーカイブ

  • Facebook更新中! 当スタッフブログの情報も配信しています
  • 初めての方へ