命の海の、命が危ない

WWFの活動

活動トピック

アースアワー2011 へのご参加、ありがとうございました!

 

135の町が参加!2011年の「アースアワー」

2011年3月26日、夜8時30分から9時30分まで、世界各地の町や国で「Earth Hour(アースアワー)」が実施されました。

「アースアワー」は、世界中の人々が、2011年3月26日の午後8時30分から9時30分まで、同じ日・同じ時刻に電気を消すアクションを通じて「地球温暖化を止めたい!」という思いを示す、WWFの国際的なイベントです。

2011年のアースアワーには、前年の128カ国を上回る、135カ国、5,000あまりの町が参加しました。

 

被災地への祈りを 日本の「アースアワー」

日本からは、現状でWWFのサイトに登録くださった方だけで、4,197人の個人、292の企業・団体、9の自治体がご参加くださいました。
ご参加いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

今回、日本でのアースアワーは、東日本大震災を受けて「温暖化の防止を求める」という本来の趣旨にとどめず、省エネや節電の工夫をたくさんの人たちと共有しながら、被災地を支援しよう、というイベントとして実施いたしました。

中には、被災地からのご参加いただいた方や、停電しているけれど主旨に賛同したい、ということで参加を表明くださった、個人の方やモニュメントもありました。

また、日本での震災を受け、世界各国のアースアワーの参加者、イベント関係者の方々も、それぞれの地域で始まるアースアワーの開催一分前に、日本の被災地に向けて黙祷を捧げました。

アースアワーも一つのきっかけとして、これからの被災地の方々への支援を、また安全なエネルギーや温暖化防止に向けた未来のことを、よりたくさんの方々と考えてゆければと思います。


 

アース・アワー関連のサイト

 

20110326d.jpg
20110326g.jpg
20110326e.jpg
20110326f.jpg

 

【黙祷した国、地域、団体】

オーストラリア
カナダ
シンガポール
トリニダード・トバゴ
Tauranga Municipal Government
(ニュージーランド)
フィジー
スリランカ
ベトナム
コロンビア
フィリピン
ニュージーランド
ジンバブエ
イタリア

韓国
ブルネイ
マレーシア
アラブ首長国連邦
南極大陸
Caucasus Environmental NGO
Network
ルーマニア
キプロス
ドイツ
香港
セルビア
スペイン
オランダ

イギリス
フィンランド
ハンガリー
クロアチア
ロシア
メキシコ
アルゼンチン
スコットランド
ジブラルタル
グアテマラ
パラグアイ
ヨルダン

(報告があったもののみ。順不同)

 

あなたの支援で、できること。たとえば… 地球温暖化を防ぐ WWF会員が25人集まれば、WWFの専門家チームが国際会議の場へ出向き、各国の代表に働きかけることができます。 「あなたの支援でできること」を見る