メルマガを購読する

WWFの活動

活動トピック

上関原発の建設強行に抗議声明

名古屋で「生物多様性条約」の第10回締約国会議(CBD・COP10)が開催されている中、山口県上関町で、中国電力が原子力発電所建設のため、田浦海岸の埋立てを強行しようとしていることが明らかになりました。この問題についてWWFジャパンは、中国電力に対し、埋立て行為と原発開発計画そのものの中止を求めました。

瀬戸内の原風景を守ろう!

自然豊かな長島の地にある田浦海岸は、周辺の祝島を含めた海域ともども、瀬戸内海の貴重な原風景をとどめた、日本の生物多様性を代表する場所。

スナメリ(小型鯨類の一種)や、カンムリウミスズメといった、絶滅のおそれが指摘される野生生物も生息しており、持続可能な漁業が営まれている地域の一つでもあります。

中国電力がここで進めようとしている上関原発の建設計画は、地域住民や多くの環境団体が、長年強く反対している、社会的な問題。

しかも、地球の生物多様性を守り、持続的に利用しよう、という国際条約会議が国内で開かれているさ中での埋立ての強行は、今回の会議の議長国を務める日本の姿勢と誠意をも、損ないかねない行為といえます。

WWFジャパンは、2010年10月22日、この問題についてあらためて声明を発表し、事業のアセスメントの不十分さを指摘、さらに、地域住民や環境団体の意見に耳を貸さず、かけがえのない自然と生物多様性と、豊かな漁場を壊そうとしている中国電力に対して抗議するとともに、埋立て工事の中止と、原子力発電所建設計画の中止を、強く求めました。

 

WWFの声明の本文はこちら

祝島を応援しよう!

祝島では、島の人々が瀬戸内の原風景が残る海を原発から守ろうと、30年近くにわたり、反対運動を続けています。 WWFジャパンの通信販売「Panda Shop」では、この祝島の人たちを応援する、地元の海の産品を販売しています。 島の方々が丹精込めた海産物を感謝しつつ味わいながら、現地にエールを届けましょう!

 

20101022p.jpg

田ノ浦湾の景色。瀬戸内海では開発により、多くの場所で本来の自然の景色が失われているが、ここには貴重な景観が今も残っている

20101022o.jpg

田ノ浦から祝島を望む

20101022q.jpg

祝島名産のタコ。海の恵みが島の暮らしを支えています