メルマガを購読する

WWFの活動

活動トピック

人も地球も幸せに!環境にやさしいサッカーボール

WWFジャパンの通信販売「パンダショップ」では、この春、オリジナル商品として、人と環境に配慮したサッカーボールの販売を開始しました。労働者の権利や福祉に配慮した「フェアトレード」と、森林を保全する「持続可能な林産物の利用」の組み合わせによって誕生したこのボール。WWFでは、サッカーというスポーツを通して、人の暮らしの幸せと地球環境を考えようと呼びかけています。

サッカーボールの現実

2010年6月11日、FIFAワールドカップが開幕します。

しかし、世界中がサッカーで盛り上がるその裏には、サッカーをめぐる悲しい現実があることをご存知でしょうか。

世界で使われるサッカーボールの多くが、インドやパキスタンに住む子供たちの安い労働力を頼りに製造されているのです。

「サッカーなんてしたことない」という貧しい少年労働者たちは、10センチもある2本の針を繰り、五角形や六角形の革片を縫っていきます。

硬くて厚い材料を縫い合わせるのは、小さな子どもの手には大変な作業ですが、その報酬はボール1個でたった30円ほど。女性を含む大人の労働者も、基準をはるかに下回るような低賃金で長時間労働を強いられています。

panda_ball.jpg

誕生したパンダのボール

そこで、WWFジャパンは、ワールドカップが開催される2010年、オリジナルの特別商品として、パンダロゴの付いたサッカーボールを制作、販売を開始しました。

このボールは、フェアトレード商品を紹介するNPO「わかちあいプロジェクト」の協力により、フェアトレードの基準に沿ってパキスタンで作られているものです。ボール1個につき約100円の奨励金がパキスタンの生産者に支払われ、現地で主に医療活動に使われます。

さらに、このボールの内側に使われているゴムにも、環境に配慮した素材を使っています。
このゴムは、地域社会や森林環境に配慮して生産されたことを証明する、国際的な認証機関FSC(森林管理協議会)の認証を得ています。

ゴムはスリランカ産で、乱伐などが行なわれない、持続可能な形で適切に管理されている森から採取されています。つまり、森の環境の破壊につながる心配のない製品なのです。

サッカーというすばらしいスポーツを通して、パンダボールで人々の幸せと地球環境のことを考えてほしい。
その願いをこめて、WWFジャパンでは通信販売「パンダショップ」で、このフェアトレード&FSC認証ボールを販売しています。

通信販売「パンダショップ」のサイト

フェアトレードとFSCのダブル認証付き。WWFジャパンオリジナル商品です。(現在は販売を終了しております)

20100610b.jpg

大のサッカーファンで、自らもヘディングの記録を持つ環境コンサルタントのペオ・エクベリさんとパンダショップのスタッフ。
「私も愛用しています!」と、エクベリさん。「本当に素晴らしいボールです。とても「エコカシコイ」商品と思います。コミュニケーションツールとしてもnearly perfectな商品ですね!」


記者発表資料 2010年6月10日

いよいよ、待ちに待ったFIFAワールドカップが開幕します。この4年に1度の華麗な祭典では、選手たちのプレーに世界中が熱狂します。しかしそんな華やか な舞台の裏にある悲しい現実をご存知でしょうか?サッカーボールの多くが、実はインドやパキスタンに住む子供たちの安い労働力を頼りに製造されているので す。

「サッカーなんてしたことない」という貧しい少年労働者たち...。10センチもある2本の針を繰り、五角形や六角形の革片を縫っていきま す。硬くて厚い材料に針を通して縫い合わせるのは、小さな子供の手には大変な作業ですが、その報酬はボール1個でたった30円ほど。女性を含む大人の労働 者も、基準をはるかに下回るような低賃金で長時間労働を強いられているのです。そんなボールで、私たちは心からサッカーを楽しむことができるのでしょう か?

パンダロゴの付いたこのボールは、フェアトレード商品を紹介するNPO「わかちあいプロジェクト」の協力によりフェアトレードの基準に沿ってパキスタンで作 られています。ボール1個につき約100円の奨励金がパキスタンの生産者に支払われ、現地で主に医療活動に使われます。

そして、このボールにパンダロゴが使われているもう1つの理由、それは、ボールの内側に使われているゴム素材がFSCの認証を得ていることです。ゴムはスリランカの適切に管理された持続可能な森で採取されました。森の破壊につながる心配のないゴムが使われているのです。

サッ カーというすばらしいスポーツを通して、パンダボールで人々の幸せと地球環境のことを考えよう。これがWWFの提案する新しいサッカーの楽しみ方です。 サッカーボールの背景にある問題を知ってもらい、さらに少しでも問題の解決を進めるため、WWFは通信販売「パンダショップ」で、このフェアトレー ド&FSC認証ボールを販売しています。パンダボールは、どなたでも購入できます。

パンダロゴサッカーボール

フェアトレードとFSCのダブル認証付き。WWFジャパンオリジナル商品。
品名:パンダサッカーボール
税込み価格: ¥4,900

*販売は終了いたしました

フェアトレードの基準

  • 生産者の労働環境と労働条件を保障
  • 薬品使用や、水質・森林・土壌の保全、廃棄物の扱いに関して国際規約を遵守
  • ILOに準拠した安全な労働環境
  • 強制労働と児童労働の禁止
  • 労働者が団体交渉権を持つ
  • 奨励金の使途が労働者と会社経営者との協議で民主的に決定され、社会的発展のために使われる

FSC(Forest Stewardship Council)について

環境、社会、経済の面で適切に管理されているほか、10項目の原則にもとづいて厳密に審査し、合格した森林を認証する制度。

私も愛用しています

大のサッカーファンであり、自らもヘディングの記録を持つ環境コンサルタントのペオ・エクベリさんもこのボールの愛用者です。ペオさんは、長年WWFのサポーターでもあります。

"本当に素晴らしいボールです。とても「エコカシコイ」商品と思います。コミュニケーションツールとしても
nearly perfectな商品ですね!「楽しさ + エコ + 未来(子どもたち)= 希望!」しかも、サッカーが環境問題の解決と同じように、積極的に国境を超えるため、One Planet Livingにつながっていますね。このボールは市場に出たことに関して、「ありがとう!」と言いたいです。
私はこれから環境教育を教える時にこのボールを使ってみたい。もちろん、リフティングの練習をするときでもね!(笑)"

PEO EKBERG ペオ・エクベリ

環境コンサルタント、エコライフスタイルアドバイザー
スウェーデン・マルメ(MALMO)市生まれ。日本全国でサステナビリティのための環境教育の講演会、コラム執筆、テレビやラジオ出演。2000年冬から 2001年春まで世界一周(5大陸)の環境リサーチを行なう。国連の国際環境会議に参加。武蔵野大学(東京)非常勤講師。25年間の環境保護活動の経験。 特技はサッカー。15才と19才の時、サッカーのリフティング世界記録を更新。2002年、日韓W杯における開会式で、スウェーデンのスポーツ大臣と一緒 にリフティング・パフォーマンスを披露した。

あなたの支援で、できること。たとえば… 資源の持続可能な利用を促す WWF会員が125人集まれば、企業が自ら、違法伐採の木材商品を購入していないか、チェックできるウェブサイトを作ることができます。 「あなたの支援でできること」を見る