ページ内を移動するためのリンクです。

あなたができること

寄付控除と領収書の発行

寄付控除と領収書の発行

WWFジャパンへの支援金(会費・寄付)は、公益財団法人への寄付として、下記のような税金優遇措置の対象となります。

控除対象

控除対象となるのは、1)所得税(すべての方が対象)2)個人住民税および3)相続税です。

1) 所得税の控除(すべての方が対象)

所得税における寄付金控除には、①所得控除②税額控除の2種類あり、どちらか有利な方を選ぶことができます。高所得者を除き、多くの方は、②税額控除を選んだ方が有利になる傾向があります。

① 所得控除
所得税の課税対象となる金額を算出する際に、控除を行う方法です。

(寄附金の額の合計額注1-2千円)=所得控除額

注1:寄附金の額の合計額は所得金額の40%相当額が限度。
② 税額控除
所得税額を算出したのちに、控除を行う方法です。

(寄附金の額の合計額注2-2千円)×40%=税額控除額注3

注2:所得金額の40%相当額が限度。
注3:100円未満切捨て。税額控除額は所得税額の25%相当額が限度。

詳しくは、国税庁のホームページ、またはお近くの税務署または税務相談室へお問い合わせください。

2) 個人住民税の控除

都道府県および市町村の条例が指定した寄付金に対しては、個人住民税の控除を受けることが出来ます(全国一律ではございませんのでご注意願います)。現在のところ、以下の自治体がWWFへの寄付金を対象に指定しています。

WWFへの寄付金を控除対象に指定している自治体

都道府県

  • 東京都
  • 神奈川県

市町村

  • 神奈川県横浜市
  • 神奈川県相模原市

なお、個人住民税の控除額は、①都道府県民税②市町村民税で異なります。

① 都道府県民税の控除
控除額は、

(寄附金の額の合計額注4-2千円)×4%=都道府県民税控除額

注4:寄附金の額の合計額は所得金額の30%相当額が限度。
② 市町村民税の控除
控除額は、

(寄附金の額の合計額注5-2千円)×6%=市町村民税控除額

注5:寄附金の額の合計額は所得金額の30%相当額が限度。

また、所得税の確定申告の際に、個人住民税の寄付金控除も合わせて申告できます。

詳しくは、総務省のホームページ、またはお住まいの都道府県・区市町村へお問い合わせください。

3) 相続税

遺言による当会への遺贈、ならびに相続された財産から申告期限内に入金されたご寄付には、相続税がかかりません。

お手続き

控除には確定申告が必要です。
WWFジャパン事務局が発行した寄付金の領収書を添えて、確定申告を行なってください。給与の年末調整では控除を受けることができませんので、ご注意願います。

領収書の発行について

WWFジャパンでは、一年間にお寄せいただいた支援金の領収書を、翌年1月下旬に一斉発行しています。
なお、これまでに当会へ領収書がご不要と連絡をいただいた方、またはホームページからの入会や寄付お申込みの際に「領収書不要」を選択いただいた方へは、領収書は発行されません。その後、領収書がご入用になった場合には、随時、会員係にて個別発行ならびに「領収書不要」登録の解除を承ります。

クレジットカードでご支援いただく場合の注意事項

11月1日から年末までの間にクレジットカードで寄付をお申込みの場合は、翌年の領収書の対象となりますのでご注意ください。

【たとえば】
・2012年10月30日にいただいたご寄付 → 2013年1月末に領収書をお届け
・2012年12月1日にいただいたご寄付 → 2014年1月末に領収書をお届け

これは、領収書の領収日は当会への着金日が基準となりますが、クレジットカードでのご寄付の場合、寄付のお申込みをいただいてから約2カ月後にクレジットカード会社から当会へ入金されるためです。

予めご了承ください。

お問い合わせ窓口

個人のご入会、ご寄付のご案内、お申し込み、ご登録内容の変更、領収書発行
その他会員サービスに関するお問い合わせ

個人会員係

電話番号: 03-3769-1241
受付時間: 平日10:00~17:30