WWFについて

WWFネットワーク

WWFネットワーク

WWF(World Wide Fund for Nature:世界自然保護基金)は約100カ国で活動している環境保全団体です。
WWFの活動は、1961年9月、絶滅のおそれのある野生生物を救うことからスタートしました。
その後、野生生物が生きる上で必要とする、さまざまな自然環境、森や海、草原、湿地などの、さまざまな生態系の保全に活動の範囲を拡大。地球環境の保全をめざし、現在は温暖化を含めた多様な環境問題への取り組みを行なっています。地球上の生物多様性を守り、人と自然が調和して生きられる未来をめざす、WWFの活動。
その活動は、世界各地からお寄せいただいている、500万人の皆さまからのご支援(寄付、会費など)によって行なわれています。

世界に拡がるWWFネットワーク

WWFは、スイスのWWFインターナショナルを中心に、50カ国以上の国々に拠点を置き、100を超える国々で地球規模の活動を展開しています。

ネットワーク活動拠点

ネットワーク活動拠点の説明図
詳しく知る

組織概要

国際事務局 WWFインターナショナル
場所 スイス、グラン
創立 1961年9月
名誉総裁 エジンバラ公フィリップ殿下
総裁 ヨランダ カカバッツェ
事務局長 マルコ・ランベルティーニ

スイスのグランに置かれたネットワークの中心、WWFインターナショナル
© Michèle Dépraz / WWF-Canon