ページ内を移動するためのリンクです。

WWFについてWWFの歴史

WWFジャパンの誕生(1):活動のはじまり

WWFの歴史

WWFジャパンの誕生(1):活動のはじまり

日本のWWF、WWFジャパンが設立されたのは、1971年9月22日のことでした。当時、世界で16番目に設立されたWWFでした。

設立の経緯

日本にWWFが設立されたきっかけは、1964年、東京オリンピックの際に来日した、オランダのベルンハルト殿下(当時、WWFインターナショナル総裁)が、日本の関係機関にWWFジャパンの設立を要望したことでした。

もちろん当時は、その母体となれるような、民間の自然保護団体がありませんでしたから、すぐに設立というわけにはゆきませんでしたが、その志はしっかりと日本に根を下ろすことになります。

ベルンハルト殿下が来日されてから4年後、「WWFの一員にはなれなくても、日本国内でWWFの活動に協力できる組織を作ろう」と、当時東京動物園協会の理事長であった古賀忠道氏を中心とする十数名の人々が、WFJC(野生生物保護基金日本委員会)を設立。活動を開始しました。そして、約1年の間、募金活動を展開し、集まった支援金をWWFインターナショナルに送付したのです。

一方で、WWFも日本の自然保護に関心を向け、WWFアメリカやイギリスは、絶滅寸前の状態だった日本のトキの保護のため、2年わたり合計300万円近い支援を行ないました。

折しも、1960年代以降、水俣病やイタイイタイ病に代表される公害の実体が次々と明らかにされ、国内でも環境問題が大きな社会問題となっていたため、政府は環境庁(現在の環境省)の発足を決断。世論もこの方針を強く支持しました

設立当時のWWFジャパン事務局© WWF Japan

日本の環境保全のはじまり

WFJCを含む国内の自然保護団体は、この新しい環境庁に対し、自然保護と環境保全に対する有効な行政を求める「環境庁設置のあり方についての声明」を発表しました。

当時生き残っていた野生のトキはわずかに11羽。ニホンカワウソも、すでにその姿はほとんど見られなくなるなど、日本でも自然環境の悪化と野生生物の絶滅の危機は、年々深刻になりつつありました。

1971年7月、環境庁が発足し、ここに日本の「環境行政」がスタートしました。そしてその同年、WFJCは総会で、WWFジャパンとして新しく出発することを決め、役員の選任を行ないました。

9月22日、環境庁に遅れること2カ月で、WWFジャパン(当時は世界野生生物基金日本委員会)は正式に発足。当時の会員数は約1,500人 と、まだまだ規模としては小さな団体でしたが、それでも、当時の日本で絶滅の危機に瀕していた野生生物、すなわち、トキやコウノトリ、ニホンカワウソ、タンチョウ、アマミノクロウサギ、ゼニガタアザラシなどの保護活動への支援を中心に、新しい活動の一歩を踏み出したのです。

初期の事務局の様子© WWF Japan