WWFジャパン

原風景は、未来にある。日本の原風景を守る取り組みをぜひご支援ください|WWFジャパン

寄付をする

© WWFジャパン

なつかしい、ほっとする、大切にしたい…

あなたの「原風景」を一枚の絵にしたら、
そこには何が、描かれるでしょうか。

背景に広がるのは、どんな景色ですか?

人の姿は見えますか?

人以外の生きものの気配も、
あったりするでしょうか。

「合理化」や「効率化」の名のもとに、
誰かの原風景に描かれていたであろう
さまざまなものが、
ひとつ、またひとつ、姿を消してきた日本。

それは、いっときの利益と引きかえに、
先人たちが長い時間をかけて培ってきた
大切な知恵を、失うことでもありました。

だからこそ、
自然に学び、自然の力を活かしながら、
人の暮らしも豊かに、安全にする、
そんな取り組みを進めていきたい。

原風景は、心の中や、
思い出の中だけにあるのではなく、
人と自然が調和して生きていく、
よりよい未来の風景でもあるのです。

未来につながる原風景をひとつでも多く残すために

複雑な水路網が多くの生きものを育む有明海沿岸の水田地帯
© WWF Japan

九州北西部での取り組み

伝統的な治水の技が、川の生きものと人の暮らしを守る

近年、豪雨災害が頻発している九州地方。
WWFは、九州大学や長崎大学と共同で、
水田の生物多様性の保全と防災・減災の両立をめざす
共同研究を行なっています。

最近の成果

九州大学流域システム工学研究室との共同研究で、
河床をコンクリートで固めるよりも、
伝統的な石積みのほうが
川の勢いを抑える効果があり、
防災・減災につながることを示しました。
石積みの河床には、自然の川に近いレベルで、
生きものの生息が可能。
地域の歴史が育んだや風景や文化も、
守ることができます。

 石を組み合わせて
 河床を守る
「空石積み護床工」

© WWFジャパン

日本の淡水域での今後の展開

>WWFジャパン 淡水グループ 並木崇

WWFジャパン
淡水グループ
並木崇

有明海に流入する河川の流域全体での治水と、
生物多様性保全上の課題解決をめざして研究を
続けると共に、九州の水田地帯で越冬する
マナヅルの生息地保全にも
取り組んでいきます!

マナヅル

過密を避けるため、越冬地の分散化が課題のマナヅル
© WWF Japan

東北・南三陸町での取り組み

震災復興の中から生まれた、人にも海にもやさしい養殖

2011年3月に起きた東日本大震災。
WWFは10年にわたり、宮城県南三陸町戸倉地区で、
海の環境にも配慮した形での
養殖業復興をめざす支援を継続しています。

最近の成果

10年間でどんな変化が起きたかをまとめた報告書を発表。
過密状態だったカキの養殖施設を
3分の1まで減らす思い切った改革が、
海洋環境への負荷の軽減、養殖カキの生産量増加、
収益の増加、労働時間の短縮、災害リスクの低減、
若者の就労促進などにつながった記録を、
誰もが利用できるよう発信しています。

思い切った改革に挑んだ、宮城県漁協戸倉カキ生産部会

日本の沿岸域での今後の展開

WWFジャパン
海洋水産グループ
前川聡

引き続き戸倉地区で、
養殖改善のサポートを進めると共に、
有明海でノリ養殖の改善に向けた
支援も検討していきます。
また、海のプラごみの多くを占める
漁具の問題にも取り組んでいきます!

写真右:戸倉地区のある志津川湾は海藻類の多様性も高い。写真左:ノリを付着させて育てる「ノリひび」と有明海。

左:戸倉地区のある志津川湾は海藻類の多様性も高い。
右:ノリを付着させて育てる「ノリひび」と有明海。
© WWF Japan

日本の原風景を守るWWFの取り組みをぜひご支援ください。

いただいたご寄付は、
WWFジャパンが行なう
日本の淡水域・海洋の保全プロジェクトに
使わせていただきます。

ご寄付いただいた方へ

WWFジャパンは
2021年9月に50周年を迎えました。
そこで今回のキャンペーンでは、
ご支援いただいた方に、
WWFジャパンの公式キャラクター
「コパンダ」グッズのプレゼントを
ご用意しています。

「コパンダ」グッズのプレゼント!プレゼント期間:2021年11月30日受付分まで

ご寄付に対するお礼状やプレゼントを希望しない方は、払込用紙の通信欄やウェブサイトフォームで「返礼不要」とお知らせください

※ プレゼントは10月以降順次お届け予定です。
※ プレゼントは十分な数をご用意しておりますが、予想より多数のお申込みをいただいた場合、キャンペーン期間中に配布終了となる可能性がございます。その折は誠に恐縮ながらご了承のほどお願い申し上げます。
※なお、プレゼントは、国際郵便の事情等により国内発送のみとさせていただいております。

最新の活動情報をお伝えします

ご支援くださった方には、「サポーター専用メール」にて、最新の活動情報についてお知らせします。

ご寄付の方法

1.クレジットカードでのご寄付

【こちら】のお申込みフォームよりお⼿続きください。

2. お振り込み (ゆうちょ銀行)

<窓口から振り込む(手数料免除)>

郵便局備え付け用紙で窓口からお振り込みいただくと、手数料が免除になります。 郵便局備え付け用紙をご利用の場合は、 口座番号と加入者名、住所、氏名および通信欄にサポーター番号(10桁)、「原風景」と必ずご記入の上、窓口で「手数料免除の振り込みです」と告げてください。

<ATMから「郵便局備え付け用紙」で振り込む(手数料が発生)>

郵便局備え付け用紙をご利用の場合は、 口座番号と加入者名、住所、氏名および通信欄にサポーター番号(10桁)、「原風景」と必ずご記入ください。

<「電信振替」で振り込む(手数料が発生する場合あり)>

  • ATMの電信振替をご利用の場合は、お手続き画面の「ご依頼人名(あなた様名)」の欄に必ず、サポーター番号(10桁)と「ゲンフウケイ」、あなたのお名前の3つをご入力ください。(注)
  • ゆうちょダイレクト(インターネットバンキング)をご利用の場合は、メッセージ欄に、必ず、サポーター番号(10桁)と「ゲンフウケイ」の2つをご入力ください。

※ご注意ください

「原風景」「ゲンフウケイ」のご記入・ご入力がない場合は、使途を定めないご寄付となり、プレゼントの対象外となってしまいますのでご注意ください。 窓口で振り込むと手数料が免除されます。

口座番号00100-4-95257

加入者名WWF JAPAN

ご寄付に関してご不明な点がございましたら以下にお問合せください。

メールでのお問い合わせhello@wwf.or.jp

お電話でのお問い合わせ03-3769-1241
(受付時間:平⽇10:00〜15:00)
※現在、新型コロナウイルス感染症の影響により、お電話の受付時間が変則的になっております。

領収書について

WWFへのご支援は、所得税法、相続税法上の優遇措置の対象となります。 1年間のご支援の領収書を、翌年1月末にお送りしております。ご了承ください。 領収書ご不要の場合は、各種用紙や、ウェブサイト申し込みフォームの通信欄にて「領収書不要」をお選びください。

税金の控除について

WWFへのご支援は、「税額控除」の対象となります。 年間のご支援金額から2,000円を引いた金額の40%が所得税から控除されます。 また、相続による財産からのWWFへのご寄付は、一定条件のもとで相続税が控除されます。

最新の活動情報

人と自然が調和して
生きられる未来を目指して

WWFは100カ国以上で活動している
環境保全団体です。

PAGE TOP