これまでも、これからも。
さらなるご支援を。

WWFジャパンは皆様に支えられて
50周年を迎えました。
次の世代に向けて、人間を含めた
あらゆる生物が共生できる世界を
実現するために、
より多くの皆様のご支援が必要です。

©naturepl.com /
Steven Kazlowski / WWF

ご支援の方法は3通り

会員になる(継続支援)

WWFの会員となり、継続的に支援することで、WWFの活動全般を支える方法です。

会費を増額する

現在会員の方のみ対象

現在会員の方が会費を増額して支援を強化する方法です。

都度の寄付・募金をする

お好きな時にその都度支援する方法です。ご寄付、お買い物、ポイント募金など、入会以外の方法でも支援が可能です。

会員になる(継続支援)

会員になってWWFの活動を継続的に支援

会費には月々または年一括の2種類の納入方法があります。

一般会員

(月々)

一般会員

(年一括)

ユース・ジュニア

会員特典

会員にご登録いただくと、施設などでの割引に使える会員証や、年4回の会報誌をお届けしています。

詳細はこちら

いまなら、新規ご入会の方(ご希望者のみ)に、オリジナルコットンバッグをお届けしています。(なくなり次第終了)

皆さまの会費は、野生生物および森林・海洋生態系の保全、地球温暖化防止のための活動に使わせていただきます。
たとえば、月会費を 12カ月納入くださった場合、以下の活動が行えます。

月々1,000円

©naturepl.com / Enrique Lopez-Tapia / WWF

南米チリで、海の大切さを伝え、地域の人たちにもその保全に参加してもらうための普及活動を1回実施できます。

月々5,000円

©WWF / James Morgan

ロシアでケガしたトラを野生復帰させるためのリハビリ活動を6日間、支えることができます。

月々10,000円

©WWF-Indonesia / Samsul Komar

スマトラの熱帯林で、違法伐採や野生動物の密猟を防ぐパトロールを14日間、支えることができます。

会費を増額する

会費の増額で支援を増大

©WWF JAPAN

WWFの活動収入は、その半分以上が個人の方の寄付によるものです。皆様一人一人のご支援が活動の推進力に直結し、50周年を迎えることができました。心より感謝申し上げます。今後もWWFのさまざまな活動ー科学的調査や保護活動、普及活動などを維持するためには、より多くの支援が必要となります。現在会員の方には、支援額の増大のご検討をお願いします。

WWFの公式アカウントをフォローして、仲間に広めていこう

\友だち限定/
フォトギャラリー公開中

公式チャンネル
\随時更新中!/

© Martin Harvey / WWF

\最新情報を一早くお届け/
メールマガジン「PANDA通信」

メールマガジンを購読する
PAGE TOP