「わ」を作らないとこのままでは地球は・・・ 「わ」が作れない! みんなが協力して「わ」を作ってくれた!!
◉ みんなで輪になって資源の環を作ろうプラスチックサーキュラーチャレンジ2025 カモメ カメ パンダ

「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」は、
企業の2025年コミットメントにより、
プラスチック諸問題の
早期解決を図るプラットフォームです。

お知らせ

プラスチックの問題解決に向けて、さあ、サーキュラーチャレンジ

大量生産・大量消費・大量廃棄がもたらす、プラスチックの問題

大量生産・大量消費・大量廃棄がもたらす問題として、プラスチックによる環境汚染が、日本を含む世界中でますます深刻になっています。特にプラスチックごみの約半分を占める、「容器包装を含む使い捨てプラスチック」への対策が急務となっています。

詳細はこちら 「海洋プラスチック問題について」

また、プラスチックの原料である原油を採掘してから、廃棄物を処理するまでの過程で、大量のCO2を発生させます。世界の原油の使用量全体にプラスチックが占める割合は、2050年には20%に達すると予想され、プラスチックの大量生産・大量消費・大量廃棄がこのまま続くことは、地球温暖化を加速させることを意味します。

World Economic Forum (2016) The New Plastics Economy: Rethinking the future of plasticsをもとにWWFジャパンが作成

パンダ このままでは、2050年にはプラの方が多い海に?
パンダ このままでは、2050年にはプラの方が多い海に?

社会のありかたを包括的に見直す「システム転換」で、未来は変えられる!

The Pew Charitable Trusts (2020). A Comprehensive Assessment of Pathways Towards Stopping Ocean Plastic Pollution.をもとにWWFジャパンが作成

上の図で示すように、社会経済のあり方を包括的に見直す「システム転換」により、毎年増え続ける年間のプラスチックの海洋流出量を、大きく削減していくことができます。

解決策としての「サーキュラー・エコノミー」とは

この「システム転換」の鍵として、いま、「サーキュラー・エコノミー」が注目を集めています。

私たちの生活が豊かになるのに伴い、大量に生産したものを使い捨てで大量に消費し、そのまま大量に廃棄するという「一方通行」の経済が広がってきました。

それに対し、製品やサービスを設計する段階から、新たな資源の投入や廃棄をできるだけゼロに近づけるようデザインした上で、限りある資源を循環させながら可能な限り永く使い続け、廃棄物自体をなくしていくという「循環型」の経済のしくみが、「サーキュラー・エコノミー」です。

サーキュラー・エコノミーにもとづきプラスチック汚染の問題に取り組む上で重要なのは、
明確な優先順位づけです。つまり、
リデュース(発生抑制)
リユース(再使用)
リサイクル(再生利用)
熱回収(焼却熱の再活用)
焼却・埋め立て
の優先順位にそって取り組み、さらに
再生可能エネルギーを活用することで、
大量生産・大量消費・大量廃棄を前提と
せず
、地球の限界の範囲内で持続可能な
サーキュラー・エコノミー
の推進を図れ
るのです。

World Economic Forum (2016) The New Plastics Economy: Rethinking the future of plasticsをもとに
WWFジャパンが作成

サーキュラー・エコノミーによるプラスチックの問題の解決の姿を、以下の図で示します。

サーキュラー・エコノミーによる解決アプローチ ゼロに近づける デザインの再定義イノベーション 原材料 製造・使用 ゴミ処理

WWFジャパンが作成

しかしながら、大量生産を前提としたままで、リサイクルばかりを推進することがサーキュラー・エコノミーとして捉えられる風潮があり、これでは持続可能ではありません。

解決策としての「サーキュラー・エコノミー」とは

SDGsの目標14(海の豊かさを守ろう)では、「2025年までに、陸上活動による汚染などの海洋汚染を防止、大幅に削減する」という、プラスチック汚染を想定したターゲットを定めています。

また、サーキュラー・エコノミーのコンセプトで、2025年をターゲットにプラスチックに関する問題解決を包括的に推進するための意欲的なターゲットを設定した「ニュープラスチックエコノミー・グローバルコミットメント」には、各国政府や世界のプラスチック容器包装生産量の2割を占める250社以上の企業が参加しています。

さらにアメリカなど各国でも続々と、上記「グローバルコミットメント」で共有するビジョンにもとづき、2025年をターゲットとした意欲的なコミットメントの枠組みが立ち上がっており、この動きは世界のスタンダードとなっています。

join us panda
WWFジャパンが企業に呼びかける「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」

そしてWWFジャパンは、「グローバルコミットメント」で示されたビジョンとターゲットも参照し、大量生産・大量消費・大量廃棄を前提とした社会経済のあり方を、問題解決にインパクトを有する企業とともに変えていくために、2025年をターゲットとした包括的で意欲的な枠組み「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」を2022年2月に日本で立ち上げました。

参画企業は、持続可能な形でサーキュラー・エコノミーを進めるための「WWFのサーキュラー・エコノミーの原則」に賛同したうえで、以下の5つの取り組みを包括的に行なうことをコミットメント(社会への公約)しています。

2025年までに、容器放送/使い捨てプラスチックにつき

  • 問題のあるもの、および、必ずしも必要のないものの使用を取り止める。代替素材への切り替えの際は、その持続可能性を十分考慮する
  • 可能な限り、リユース (他の素材のリユースを含む) へと切り替える
  • 可能な限り、リユース、リサイクル可能なデザインとする
  • リサイクル素材の意欲的な使用目標を設定する
  • リユース、リサイクル率を向上させるためにステークホルダーと協力する

各参画企業が上記5つの2025年コミットメントを具体的にどのように進めるかについては、WWFジャパンの定期的なレビューの下、しっかりと改善を図っていきます。参画企業にはこれらについて、透明性を持って社会に積極的に開示していくことが期待されています。

WWFジャパンでは、
さらなる企業の皆さまからの
コミットメントをお待ちしています。

お問い合わせはこちらから

コミットメント企業

「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」に
コミットメント(社会への公約)を表明した参画企業からの意気込みをご紹介します。

企業の取り組み事例

プラスチック問題のない未来のために。みんなで声をあげよう!

みんなで声をあげよう!

これまでの仕組みが行き詰まりを迎えるいま、経済の担い手である企業には、近い将来を視野に入れた意欲的なコミットメント(社会への公約)の下で、その仕組みを率先して変えていくことが求められています。

そして生活者にもまた、企業の本気度を見極め、意欲的かつ本質的な取り組みを求めることで、企業や社会を変えていく力があります。

持続可能なサーキュラー・エコノミーへのシフトを進めるために、容器包装・使い捨てプラスチックを取り扱う企業に「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」へのコミットメントや、期待する取り組みを求める声を送りませんか?

以下のリクエストボタンからWWFにお送りください(複数選択可能)。あなたの声が、サステナブルな経済社会への転換に役立ちます!

Twitterフォロー&ツイートでプレゼントが当たる!

リクエストを送ったあとに出てくるTwitterアイコンから、ハッシュタグ「#プラスチックサーキュラーチャレンジ2025」をつけてツイートし、WWFジャパンの公式Twitterアカウントをフォローしてくれた方の中から15名に、WWFオリジナルグッズなどが当たります。ぜひ一緒にこの輪を広げてください!

竹製歯ブラシ&歯ブラシケース
竹製歯ブラシ&
歯ブラシケース
5名様
パンダお箸&箸置きセット
パンダお箸&
箸置きセット
5名様
WWFクラフトファイル
WWF
クラフトファイル
5名様

join us panda
WWFジャパンが企業に呼びかける「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」

応募締切

2022年6月15日

当選のご連絡は、6月16日以降、TwitterのDMでご連絡しますので、
あらかじめDMが受信できる設定にしておいてください。

応募条件

Twitterで以下2点を満たしていること

  • ハッシュタグ「#プラスチックサーキュラーチャレンジ2025」をつけてツイート!
    「プラスチック・サーキュラー・チャレンジ2025」に取り組む企業への応援や、プラスチック汚染の解決に本質的に取り組む企業がもっと増えてほしい!というあなたのメッセージをつけてツイートしてください。

  • WWF公式Twitter(@WWFJapan)をフォロー!

注意事項

  • 日本国内に在住し、2022年6月下旬~7月上旬に郵便物・宅配物の受け取りが可能な方のみご応募いただけます。
  • 応募はお一人さま1回限りです。同じ応募者から複数アカウントでの応募を確認した場合、1アカウントの応募のみを有効とし、それ以外は無効とします。
  • 期間中にアカウント名を変更された場合、同一アカウントであることの確認が困難となり当選対象外となる場合があります。
  • 当選者を決める際にハッシュタグをつけてシェア&フォローが確認できない場合、当選対象外となります。
  • 非公開アカウントは当選対象外です。
  • 本プレゼント企画は予告なく中止・変更する場合があります。
  • 本プレゼント企画参加により本注意事項に同意いただいたものとします
    (未成年者の方は親権者に同意いただいたものとします)
  • 下記に該当する場合、当選資格は無効となります。
    • 応募時に不正行為があったと当団体が判断した場合
    • 通信環境が良くない等、何らかの予期せぬ事情により当選通知DMが不着となった場合
    • 当選通知DMに記載の返信期限までに返信いただけない場合
    • 当選通知DMへのご返信内容に不備がある場合
    • 当選者は、当選権利の第三者への譲渡、または金銭と交換することはできません。
    • 賞品の転売は禁止です。
    • 賞品による損害等の責任について当団体は一切負いかねます。
    • 応募方法や当選についてのお問い合わせは受け付けておりません。

個人情報の取り扱いについて(ご当選の場合)

ご提供いただいた個人情報は、当選した商品の発送、お届け時に不具合があった場合のお問い合わせのためにのみ使用いたします。 ご記入は任意ですが、必要な情報の記入がない場合・情報に不備がある場合は商品をお届けできなかったり、当選資格を無効とさせていただく場合があります。

個人情報の利用目的の通知、開示、訂正、追加または削除、利用停止、消去及び第三者提供停止などのお問い合わせは
個人情報保護係(privacy@wwf.or.jp、Tel: 03-3769-1719)
にて承ります。 公益財団法人世界自然保護基金ジャパン個人情報保護管理者(事務局長)

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン個人情報保護管理者(事務局長)

後援

WWF

WWFは100カ国以上で活動している環境保全団体で、1961年にスイスで設立されました。
人と自然が調和して生きられる未来をめざして、サステナブルな社会の実現を推し進めています。
特に、失われつつある生物多様性の豊かさの回復や、地球温暖化防止のための脱炭素社会の実現に向けた活動を行なっています。ぜひWWFをご支援ください。

Twitterフォロー&ツイートでプレゼントが当たる!